とらざえもんはまじょのねこ? (はじめてよむどうわ)

  • 小峰書店
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338247108

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の願望を叶えようと奮闘する様子が楽しいです。

  • ★★★☆☆
    とらざえもんはいつもいたずらをしては、お父さんやお母さんに首をつかまれてポイってされてしまう猫。
    名前だって、「とらざえもん」ってすてきな名前なのに「とら」としか呼んでもらえません。
    からだがもっと大きかったら、お父さんみたいにいばりんぼになれるのになあ!
    「好き嫌いしないでなんでも食べる子は大きくなれるわよ」って、いつもお母さんがいっているな。。
    そうだ!イイコトカンガエタ(・w・)←
    (まっきー)

  • 2010年11月1日

    装丁/木下デザイン事務所 戸崎敦子

  • ネコのとらざえもんの愉快な愉快な日常を描いた短編集。
    「この家のパパみたいに、一番いい椅子に座っていばりたいなぁ!」
    なんて思って、たっくさん食べて食べて食べまくると・・・
    むくむくもりもりふくらみはじめちゃって、本物のトラみたいな大きさに。

    いばるいばるとらざえもん

    小低~

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

末吉暁子・作:神奈川県生まれ。児童図書の編集者を経て、創作活動に入る。『星に帰った少女』(偕成社)で、日本児童文学者協会新人賞、日本児童文芸家協会新人賞受賞。『ママの黄色い子象』(講談社)で、野間児童文芸賞受賞。『雨ふり花 さいた』(偕成社)で、小学館児童出版文化賞受賞。『赤い髪のミウ』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞。シリーズ作品に「ざわざわ森のがんこちゃん」(講談社)、「きょうりゅうほねほねくん」「くいしんぼうチップ」(ともにあかね書房)など多数がある。

「2015年 『ぞくぞく村のランプの精ジンジン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

末吉暁子の作品

ツイートする