ヒックとドラゴン〈2〉深海の秘宝 (How to Train Your Dragon (Japanese))

制作 : Cressida Cowell  相良 倫子  陶浪 亜希 
  • 小峰書店
4.09
  • (13)
  • (10)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :103
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338249027

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回のヒックは、勇気があった。
    いとこのスノックは何をやるにもそつない男。一方ヒックはおちこぼれバイキング。ヒックのお父さんは海賊の頭なのだけれども、今回、「跡継ぎは誰だ??」と聞かれるシーンがある。跡継ぎだと名乗ると敵に殺されてしまう状況で、跡継ぎを狙っているスノックは怖くて名乗り挙げることが出来ない。でも、ヒックは勇気を持って名乗りでた!!
    毎回ピンチを上手く切り抜け、一人前の海賊になっていくお話。
    続きも読もう。

  • ヒックが、お宝を持ち帰れば、よかったのに。

  • 映画と違い、ヒックもトゥースレスも、まだまだ「弱虫」。
    だけど、いざというときの勇気と知恵と優しさは、リーダになる素質十分です。
    今回は、左手で剣の能力を発揮する。
    これから、巻が進むごとに、段々たくましくなっていくのかな?

  • 2巻になっても、まだまだ言うことをきかないトゥースレス。可愛いなぁ。

    「トゥースレス、かぜ。おそと、むり。トゥースレス、せき、こんこん」(P-79)
    「トゥースレス、つかれちゃった。くんくんできない」(P-82)
    「だっこ、だっこ!つばさがいたいよう。まだ、つかないの?」(P-83)
    「うん、そうする。でも、トゥースレス、血、きらい。ヒックが、やつざきにされるの見たら、ゲボってはいちゃう」(P-102)

  • ヒックのご先祖は、とても多くの宝を、自分の子どもに預けた。それを探しに…

  • ヒック最高

  • 海上剣術の授業でドッグブレスと戦っていて剣を海になくしてしまったヒック。ハドック家は代々剣術が得意なのだが。その最中に海に大きな棺桶をみつけた。棺桶には「絶対に開けるな、海賊ゴーストリーの眠りを妨げるものには呪いあれ」と書かれていた。しかし中にいたのは、百姓のアルビンと名乗る男と、伝説の大海賊ゴーストリーの秘宝への地図が。その場所は獰猛なドクロードラゴンの住む島・・宝探しが始まる。

    またしてもヒックとドラゴンのトゥースレス、そして親友のフィッシュが巨大なドラゴンと戦うことに。フィッシュは戦わないけれど。
    今回は、ヒックが海賊のかしらのストイックの後継ぎは自分だ!って危険な場所での皆の前で言ったのがいいね。剣の使いかたがわかったところは面白い。

  • 2作目。ヒックは先祖の棺桶を偶然見つけました。そこには、危険!絶対開けるな!と書いてあります。それでも開けてしまうのがバイキング。ヒックはなんだかすごく、嫌な予感がします。

    小さなバイキング、ヒックとドラゴンのトゥースレスの成長のお話。全然ヒーローらしいところがないけれど、ここぞって時はバイキングらしからぬ機転をきかせてやってくれます。本当のカシラの器とは何か、が表された2作目です。いやー面白い!

  • ストイックの愛情を感じるねぇー。( ´ ▽ ` )dyおじさんくさい男
    ~今回の一言~アルビンがむかつく。(♯`∧´)
    (今回の一言とは、本を読んで思った事を一言にまとめたものです。)

  • 二〇〇二年の夏、砂浜を掘っていた男の子が小さな箱を見つけた。

    その箱には、ヒック・ホレンダス・ハドック三世の自伝第二巻が入っていた。
    ヒックといえば、ドラゴンと話すことのできた、
    有名なバイキングのヒーローであり、伝説の剣士である。

    その自伝には、ヒックがいかに伝説の剣を手に入れたか、
    残忍な流れ者とどのように出会ったのか、
    そしてゴーストリーの秘宝にまつわる恐ろしい真実が書かれていた。

全13件中 1 - 10件を表示

クレシッダ・コーウェルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする