ヒックとドラゴン〈7〉復讐の航海 (How to Train Your Dragon)

制作 : Cressida Cowell  相良 倫子  陶浪 亜希 
  • 小峰書店 (2010年12月1日発売)
4.33
  • (7)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338249072

ヒックとドラゴン〈7〉復讐の航海 (How to Train Your Dragon)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幻の国「アメリカ」を探す航海へ、無理やり連れて行かれるヒック。
    一話完結だったストーリーが、だんだんラストに向けて繋がっていきます。
    今回、ヒックはこんな時代は間違っている。自分がカシラになって、正しい世の中にする。
    と、リーダーの自覚に目覚めます。

  • ヒックがヒステリー旅の船から逃げるところがかっこ良かった

  • むかしむかし、ある少年が夢を見ていた。

    故郷の真っ白な雪原を、息を切らして走る夢だ。
    さわらずにはいられないほどの美しい雪がつもっている。
    だがとつぜん、足が重くなり、動かなくなってしまった。
    うしろから、だれかに引っぱられる。
    だれだろう?

    少年は眠りから覚め、目を開けた。
    そして、自分が故郷から遠くはなれたところにいることを思いだした。
    巨大な船の穴ぐらに横たわっているのだ。

    少年は、ベアカブという名前のサマヨイ人だ。
    いまは、とらわれの身だが、ほんの二週間前までは、ホッキョクグマの毛皮を着て、アザラシを食べ、キラキラと輝く雪がどこまでも広がる大地を自由にかけまわっていた。

    だが、ある日、バイキングがやってきた。

  • はー、今回は面白かった!ヒックが成長したよー!と声を大にして言いたい!このエピソード、映画化して欲しい!

全4件中 1 - 4件を表示

クレシッダ・コーウェルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クレシッダ コー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ヒックとドラゴン〈7〉復讐の航海 (How to Train Your Dragon)はこんな本です

ツイートする