ねこのチャッピー (にじいろえほん)

  • 小峰書店
3.89
  • (6)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338261036

作品紹介・あらすじ

いたいほど晴れあがった空、こころさわがせる雨、しずかな雪のふる音、木々の葉におどるひかりの風、あのころとおなじように、時間がゆきすぎる。きみと過ごした時間は、もうもどってこない。いま、ふと思う。あの時のことを。画家の飼い猫、チャッピーと家族との日々をあたたかなまなざしで描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館で借りて読む

    家ネコあるあるを見ながら笑い
    ネコの老後から別れを見て切なくなる
    たんたんと描かれているので
    凄く笑っちゃうとか
    凄く泣いちゃうというものではないので
    子ども受けはあまり良くはなかった
    でも生き物と一緒に暮らすと
    必ず体験する喜びと悲しみを
    知ってほしくて借りてきた
    まだ心に響いてはないけれど
    いつかその日がきたら
    ふと思い出してもらえたらと思う

    最後はやっぱり目頭が熱くなったけれど
    ささめやさんの描く
    チャッピーの素朴な愛らしさと
    お話の雰囲気で
    泣けてしょうがないというよりは
    じんわりと涙がという感じ
    大人向けの絵本かなと思う

  • 個人個人の「わたしのねこ」に注ぐ思いはとても深くて、言葉に表しきれない愛情に満ちている。
    静かに迎える命の時間の最後にグッと胸が詰まった。
    そばにいてくれるだけの幸せを精一杯かみしめていたい。

  • 開くといきなり、『いつだってそばにいた…』
    あぁ、これはまずい。そっち系か…と読んでいると、私もネコを飼っていたので、うんうん、そうだよね〜と。
    でもやっぱり最後はしゅんとしちゃいますね。

  • 2014.1.5

    【経緯】
    図書館

    【書き出し】
    うみべのりょうしの家にうまれたこねこが三匹。そのうちの一匹は、鼻の上にくろいもようがあって、かわいかった。

    【感想】
    うちのネコもいつかは…。
    おセンチになっちゃうね。

    【共感】
    こねこだと思っていたのに、いつのまにか大きくなっている。

  • いつだって側にいた ネコのチャッピー。鼻の上に黒い模様があって、家族の一員として いつも一緒だった。赤ちゃんの時にもらわれてきて、年月はたち、そして年老いてゆく。もうすぐ23歳というとき、チャッピーは動かなくなった。
    側にいるだけで幸せだったのに、死んでしまったチャッピー。
    ペットを亡くした悲しみを描く絵本。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

ささめやゆき 1943年東京生まれ。1985年ベルギー・ドメルホフ国際版画コンクールにて銀賞、95年小学館絵画賞、99年講談社出版文化賞さしえ賞受賞。絵本に『ねこのチャッピー』(小峰書店)『椅子 しあわせの分量』(BL出版)、挿絵を手がけたものに『三方一両損』『子どもつなひき騒動』『徂徠どうふ』『お父さん、牛になる』(福音館書店)『狂言えほん・ぶす』(講談社)『こぶたものがたり』(岩崎書店)『あるひあるとき』(のら書店)、著書に『イタリアの道』(講談社)ほか多数。

「2021年 『眠り猫 講談えほん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ささめやゆきの作品

ツイートする
×