まよいみちこさん (にじいろえほん)

制作 : 田中 六大 
  • 小峰書店
3.56
  • (3)
  • (4)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338261159

作品紹介・あらすじ

みちこさん、お土産と地図をもって、ともだちの家へしゅっぱーつ! ともだちに〈みちこさんでも迷わないわかりやすい地図〉を描いてもらったから大丈夫! のはずだけど……あれあれ? そっちじゃないよ~!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • その名の通り、道に迷う女の子の話です。

    地図を自己流で解釈した結果、どんどん迷っていくことに・・・。
    方向音痴をリアルに描いているというより、あくまで温かく描いています。

    たまたま書店で見つけて即購入。
    朝倉世界一さんの作風などが好きであれば、きっと気に入るはずです。

  • 道に迷ったまよいみちこさんは
    しっぽがある人たちの住む街の伝説のお煎餅を手に入れた!
    みんな髪型がファンキー

  • 2歳8カ月の娘にはまだ難しいかなと思ったら、予想に反してお気に入り。
    不思議でにぎやかな絵柄が面白い本です。

  • お友達のところへむかうみちこさんが迷子になります。
    盛大に迷子になっているのに気付かず気づくと変なところに迷い込んでいる様子が楽しいです。

  • 資料番号:020269486
    請求記号:E/タナカ

  • 方向音痴な主人公みちこさんがどんどん道に迷って不思議な街へ入り込んでしまうお話し。6歳の娘のお気に入りです。絵がとても描きこまれていて、文章でお話しを読む以上に絵からいろんなことを読み取るのが楽しい本です。

  • 不思議な絵本。
    絵は描き込みが細かく、近くで見るほうが楽しめる。

  • 読んでる 途中で ドキドキしてしまった(^o^;) 無事に 友だちの 家まで たどり着けるのかな!?

  • 道に迷ってばかりのみちこさんが地図を頼りに友達のまるみさんの家に行くことに。
    最初の目印は赤い鳥。
    ところがお店の看板ではなく、空を飛んでいる赤い鳥を目印にしてしまい、みちこさんはどんどんへんてこな方向へ…。
    途中のジャングルのようなところでさると出会う。
    とある商店街にやってきて、お焼きを買うみちこさん。
    道を尋ねるけれど、誰も知らないという。
    よく見ると商店街の人にしっぽが生えている…。
    私にもしっぽがあったっけ…?
    恐くなって走って逃げだしたところで、目印の郵便ポストが見つかり、さるはいつの間にかいなくなっていて、まるみさんも様子を見に来ていたのだった。
    最後のページではまるみさんの家に付いたみちこさんが、謎の商店街で買ったお焼きをまるみさんにあげたところ、道に迷ったときにだけ入れる商店街のお焼きだと言うのだった。

    いきなり飛んでいる赤い鳥を目印にするみちこさん…。
    それは迷子になるよ…。

    商店街の人たちが寄ってくる場面が明らかに怖い…。
    しっぽの生えた人たちは何だったのだろう。

    個人的にまよいみちこさんという名前がツボだった。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

東京都在住の絵本・童話作家、翻訳家。『どうぶつゆうびん』(あべ弘士絵、講談社)で産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、『ふってきました』(石井聖岳絵、いずれも講談社)で2007年日本絵本賞、2008年講談社出版文化賞絵本賞を受賞。絵本、幼年童話、エッセイと幅広いジャンルで活躍。翻訳を手がけた作品に『あかちゃん社長がやってきた!』(講談社)などがある。

「2018年 『10ぽんのぷりぷりソーセージ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

もとしたいづみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
ヨシタケ シンス...
スティーヴン デ...
高畠 那生
ヨシタケシンスケ
にしまき かやこ
加藤 休ミ
シゲタ サヤカ
ジョン・クラッセ...
マージェリー カ...
ヨシタケ シンス...
tupera t...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする