車夫2 (Sunnyside Books)

著者 :
  • 小峰書店
3.80
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338287128

作品紹介・あらすじ

にぎわう浅草を舞台に、車夫の世界に飛びこんだ少年と、周囲の人たちとの心のふれあいを描く――さわやかな成長の軌跡、第2弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 親に振り回される子供を見るのはとてもつらい。
    どこかの瞬間に、大人と子供が逆転する。
    子供は大人になり、親はまるで子供のように見える。
    親も子供も同じ人間なんだと気づいた瞬間に、それが起こるのかもしれない。

  • 1より走くんの葛藤が書かれていてよかった。
    高校時代の友人もクールな山上さんのエピソードも良かった。
    いきなり普通の子供の生活から、大人にならざるを得ない人生ってどんなんだろう。
    最後の章でお母さんを少し思えるようになったのがよかったかな。

  • 浅草の街を走る人力車の車夫をめぐる連作短編集第2弾

    ストーカーまがいの女性に「終日」と名指しで予約された吉瀬走
    乗せた母子のようすに違和感を感じ、別れた妻子の姿が重なる山上洋司
    父の再婚に賛成しながらも悩み、走と再会した女子高生悠木乃亜

    など、家族のかたちをテーマにした6編の人情物語

      ──車夫ってのはさ、人を笑顔にできる商売なんだよ。

    ヨメイを告げられた妻と俥に乗る夫を描く「願いごと」が切ない

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

神奈川県生まれ。『糸子の体重計』(童心社)で日本児童文学者協会新人賞、『空へ』(小峰書店)で日本児童文芸家協会賞を受賞。主な作品に、『かあちゃん取扱説明書』(童心社)、『二日月』(そうえん社)、『車夫』シリーズ(小峰書店)、『チキン!』(文研出版)、『ひいな』(小学館)などがある。全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人。


「2017年 『カーネーション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いとうみくの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
いとう みく
R・J・パラシオ
恩田 陸
坂木 司
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする