有限要素法・境界要素法による逆問題解析―カルマンフィルタと等価介在物法の応用

  • コロナ社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784339052121

作品紹介・あらすじ

本書は、逆問題について、工学的な方法で数値的に解くことにより解決をはかる立場をとっている。まず、さまざまな工学上の問題を支配する偏微分方程式を、有限要素法あるいは境界要素法で離散化する。これにカルマンフィルタといった、逆問題の数値解析に利点を有する方法を適用して、パラメータ同定を行う手段について詳述する。さらに、不均一な材料特性分布を推定する目的で、等価介在物法という、介在物を含む弾性体問題を解くための手段を援用する方法も紹介する。こうした方法は、応用力学分野全般に適用可能な方法である。本書では、ここで示した方法が工学の分野でどのように運用され、いかなる結果が得られるのか、おもに土木工学や機械工学の例をとりあげながら説明する。

著者プロフィール

事業承継コンサルティング株式会社取締役/台東区中小企業診断士協会会長。

「2018年 『専門家のための事業承継入門 事例で学ぶ!事業承継フレームワーク』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上章の作品

有限要素法・境界要素法による逆問題解析―カルマンフィルタと等価介在物法の応用を本棚に登録しているひと

ツイートする