洗剤と洗浄の科学 (新コロナシリーズ)

著者 :
  • コロナ社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784339076837

作品紹介・あらすじ

本書では、日常生活に極めて役立つ実用的な内容を具体的に分り易く説明すると共に、どうしてそうするのか、なぜそうなるのか-などの原理をやさしく解明。筆者らが研究して得た実際のデータや国内外の多くの専門の学者たちによって報告された研究結果など信頼性のある内容をもって、納得できるよう説明を加えた。特に最近汎用されている酵素入り洗剤については、それを使うときの注意を理解してもらうために、筆者らの今までの未発表の研究結果も紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 家政学の視点から衣料用洗剤・洗浄について書かれた一般向け書籍~短大参考書。
    まず汚れとは何であるかを述べ、次に界面活性剤・蛍光増白剤・漂白剤を概観、最後に具体的な洗濯方法が述べられている。
    その各章において実験事実が紹介されている。例としては、

    洗浄効率から見ると界面活性剤濃度は0.1%が最適であること、
    洗浄時の浴比(=選択液L/洗濯物重量kg)が25:1で洗浄効率が最大となること、
    洗濯液の泡は洗浄効率を下げること

    …などである。
    なかなか知る機会のない知識だが毎日の洗濯に活かせる知識ではなかろうか

全1件中 1 - 1件を表示

中西茂子の作品

洗剤と洗浄の科学 (新コロナシリーズ)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする