脳をやわらかくする先崎学の子ども将棋

著者 :
  • 梧桐書院
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784340071166

作品紹介・あらすじ

脳の運動神経を楽しくストレッチ!勝敗は実力次第の頭脳ゲーム、初心者にも楽しく読める将棋の入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 趣味は作るもんでないと伊坂幸太郎は言いますが、将棋を趣味にしようと思いまして、自店にあった一番分かりやすそうな本を購入・読んでいます。

  • 将棋は楽しいです。毎日(土曜と日曜、休みは除く)おじいちゃんと香落ちで将棋をやります。

  • 基本的なことが順序良く書いてあり、
    文章もクセがなく読みやすい。
    でも絵が少ないので子どもには不評だった。ww

  • 070626

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

先崎 学(せんざき まなぶ)
1970年、青森県生まれの将棋棋士。九段。
エッセイストの側面もあり、多くの雑誌でエッセイ・コラムを持つ。羽海野チカの将棋マンガ『3月のライオン』の監修を務め、単行本にコラムを寄せている。
著書多数。代表作に『フフフの歩』、『先崎学の浮いたり沈んだり』、『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』など。

先崎学の作品

ツイートする