近松心中 加工訳 さらさら読む古典1 (あおぎり文庫―さらさら読む古典)

  • 梧桐書院
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784340130009

作品紹介・あらすじ

原作の味わいを残す加工訳で読む近松世話物、不朽の三作品です。「加工訳」とは、原文の表現を残し、(注)にあたることを訳文の中に組み込んだりするなどして、原作を読みやすいように加工したものです。従来は「現代語訳」、あるいは「原文+注」でしか読めなかった古典が、だれでも「さらさらと」読めます。すぐれた古典文学を存分に味わえる画期的なシリーズです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 近松の世話物「曽根崎心中」「心中天の網島」「冥途の飛脚」で男女の悲恋を書き分けています。悪人にハメられて心中するしかない「曽根崎心中」や死ぬことも出来ず衝動的に駆け落ちする「冥途の飛脚」は現代人にも共感できますが、「心中天の網島」は心中に至る必然性が共感しづらい。紙屋の治兵衛の妻おさんと遊女小春との間で、“女の義理”という美学が出てくるからです。近松の世話物は後期ほど人間の深奥に迫っていきますね。

  • 近松門左衛門の人形浄瑠璃の台本

    曾根崎心中、心中天の網島、、冥途の飛脚の3作

    男が女郎と心中する話です。

    加工訳で読みやすく、入門書にぴったりの1冊

  • 表紙の紙が固くて大きいせいか開き辛くて読むのがしんどかった。

  • 浄瑠璃の台本を現代風に加工訳したもの。

    全て心中もの。

    死ぬほど人を好きになるというのはどういうことか?
    理解しがたいけど、少しだけだけわかったような気になれる。

    そんな昔の人たちが羨ましい。

全4件中 1 - 4件を表示

近松門左衛門の作品

ツイートする
×