日本一心を揺るがす新聞の社説 2

  • ごま書房新社
4.19
  • (15)
  • (14)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784341084752

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 社説欄の感動の物語で、特に最後の方の身体障害者で不自由な体で子供を産み、その子供が大きくなり、「お父さんとお母さんの子供で良かった」と言う場面では泣けてくる。

  • 画像がない…(泣)

    頂きましたm(__)m
    ゆっくり読みたいな(^^)

  • 日本一心を揺るがすみやざき中央新聞の社説集第2弾。こちらも厳選された43編が収録されている。この中に収録されている話の中で好きという感情がわからない、という悩みを見かけたという話があった。好きという感情がわからないのは「感情の運動不足」に陥っているからだと水谷さんは論じている。なるほど、言い得て妙である。感情の運動不足に陥っている方、是非この本を読んでみてください。そして希望・勇気・感動溢れる珠玉の43編(表紙より)をどうぞお楽しみください。

  • 雨の夜に…。
    感動は新鮮なうちに…。
    希望。素直。温かみ。
    本には無限の可能性ある。

  • 続編です。
    こちらもお薦めです。
    「新聞」定期講読する事にしました。
    (ブクログ初心者です)

  • 前シリーズの「日本一心を揺るがす新聞の社説」を読んで、みやざき中央新聞を定期購読することにした。心温まる話が多く、参考になる。

  • 1もよかったけれど、2もよかった。

  • ①から読んだ方がよかったかも。
    「夜のピクニック」の事を書いてあるページは、本好きなものとして嬉しかった。

  • 東大震災が起きてその中で見つけた幸せな出来事。ツイッターやブログなどネット上にアップされていた情報をまとめていた人の話。ネット上ですでに読んだことがある話ばかりでしたが、この部分で泣きました。人が優しくって、あたたかくって、絶望の中で起きた幸せなニュース読み、当時を想い、涙しました。本当の希望とは絶望の中で生まれるのだ。誰か偉い人が言っていた言葉を実感します。

    「引き寄せの法則」の質疑応答。
    親孝行で友達思い、そんな娘を亡くしたのはどう考えればいい?そう質問した女性に公演者はなだめることしかできなかったといいます。私は、その亡くなった方を神様が欲しかったんだろうな、そんな風に感じました。きっとすごく魂が綺麗な子で、神様に必要とされるような子だったんだろうなと思いました。

  • 東日本大震災のときの社説に涙が流れました。毎週、新聞を楽しみに読んでいます。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

みやざき中央新聞編集長。1959年生れ。シリーズ『日本一心を揺るがす新聞の社説』は11万部超のヒット。

「2018年 『仕事に“磨き”をかける教科書!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水谷もりひとの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
喜多川 泰
喜多川 泰
又吉 直樹
ロンダ・バーン
三浦 しをん
村田 沙耶香
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

日本一心を揺るがす新聞の社説 2を本棚に登録しているひと

ツイートする