大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編

著者 :
  • 桐原書店
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784342272219

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高校レベルの長文精読教材として選んだ。
    選んだ理由は、文構造や語意が全て解説してくれてあることと、CD(リピート用とスピード聴解用音声)が付いていたこと。
    レベル2を選んだのは、自分の実力に合っていると思ったから。(精読教材なので、実力より上の難しめの教材として)
    まず、問題は無視して、1月1日から1日1UNITを精読していった。知らない単語も多く、初めは時間がかかったが、2周目、3周目と進めるうちに何を言おうとしているのかが理解できるようになり、5周目まで来ると、前から後へ語順通りに読んでいけるようになった。
    6周目からはCDを使って音読。通勤片道30分の車中で1日1UNITのリピートとシャドーイングを3回ずつ行った。日本語に訳さず英語のまま意味をとっていけるようになってきた。これを2周行ったので、各UNIT12回ずつ音読したことになる。
    3周目からは12UNITシャドーイングの通しを1日に1回行っている。

  • このシリーズの設問はオマケと割り切るとサクサク進む。
    解説が赤本に毛が生えたくらいのものなので。。。
    逆に本文の解説は何ページもついているのでCDを聞きつつ何度も読みこみたい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1967 年生まれ。東進ビジネススクール・東進ハイスクール講師。帰国子女でも留学経験者でもないが、TOEIC® TESTにおいて、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングでの合計1390点満点取得をはじめ、国連英検特A級、英検1級、通訳案内士など10以上の英語資格を取得。独自のメソッドを詰め込んだ熱い講義は多くの人から絶賛される。著書は『ゼロからスタート 英文法』『ゼロからスタート リスニング』『小学英語スーパードリル①②③』『中学英語スーパードリルシリーズ』(以上、Jリサーチ出版)ほか100冊以上に及ぶ。URL はwww.yasukochi.jp

「2018年 『100%話すための英文法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安河内哲也の作品

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編に関連するまとめ

ツイートする