Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント215の征服

制作 : 瓜生 豊  篠田 重晃 
  • 桐原書店
3.72
  • (18)
  • (25)
  • (36)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 239
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (493ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784342430107

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 浪人生向け。記憶力のいい人ならともかく並みの現役生は手を出さない方が無難

  • この本を5周して完璧にしたらセンター8割はいける!これプラス単語と長文読解やれば心配ない。

  • 英数ゼミナールで使用した参考書。

  • 英文訳すときに、英和辞書と、この文法書使ってます。
    わかりやすいし、とても大事に使ってる!

  • 浪人の4月にさらっとやって放置してしまいました。(←最悪)10月にファイナル(桐原の問題集)を解きながら横において、整理欄だけ完璧にしました。基本的な文法問題はほとんど落とさなくなりました。

    赤シートを使って覚えるようになっているので、暗記に持ち込むための無駄な作業をしなくてすみました。情報量は十分だし、基礎的な知識はこれで固めればいいと思いました。整理欄がめちゃくちゃ大事です。

    文法の理解ができていない人は、インプット用にしては解説が少いので、きついかもしれません。例えば、間違った選択肢がなぜ不正解なのかが書いてありません。ネクステージの前に、一冊何か簡単な理解系の参考書を仕上げればスムーズに進むと思います。

    全問和訳が書かれていますが、4月にやったときは基礎がなかったので、問題文が訳せず苦労しました。そこはパスして文法事項だけ覚えればOKだったと思います。

    あと、問題を解くための参考書じゃないと思います。単元ごとに同じ問題が続くから解けちゃいます。暗記事項がまとめられた辞書として使うのがいいと思います。

    MARCH以上狙う人は夏休みまでには完璧にして、秋からはファイナルやセンター過去問をやるのが理想的だと思います。

    正直やりながら途中で飽きました。自分が受ける学校は文法問題が少なかったので、あまり力を入れませんでした。

    配点とか考えると、文法はやりすぎに注意です。ネクステ終わったら、長文に時間回す方がいいと思います。

  • 塾講師時代に出会った文法参考書。
    とても使いやすい参考書です。
    高校3年間は丸々使えると思います。
    大学受験参考書となっていますが、
    個人的に英語を勉強する人にもお勧め。
    やっぱり話したり、読んだり、書いたりするには
    なんといっても文法が重要。
    文法嫌いの人はたくさんいますが、この本は使いやすいので、
    慣れてきたら文法が好きになっているかもね。

  • 偏差値70↑になる為の使い方

    一章分解く→なぜこの答えなのか言えるように覚える→繰り返す(最低5回)

    シートで隠して答えが言えても理由が言えない場合は×

  • 高3から浪人時代も愛用。
    表紙が剥がれ、黒くなってボロボロになるまで使っている(^◇^;)
    この内容をしっかり覚えれば基本•標準、具体的には関関同立の英文法くらいなら対応できる!
    現にこれとターゲットをしっかりやって全統模試で英語の偏差値は60 まで上がった。

  • 高校生の時使ってました。
    でもサボり魔の私は受験までに一通り終わらせることは出来ませんでした…(涙)
    でも、すごく大変だけどこれ全部解けるようにしたらかなり強いと思います!!達成感あるから自信にもなるかと。

    他の問題集を使わなかったから比較はできませんが、結構解説は詳しいと思います。問題の隣ページに解説が付いているので見やすいです。

    英語の先生は、これ1冊完璧にしてみなさいっていつも言ってました。

  • 勉強中!!

全20件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岡田 賢三
有効な右矢印 無効な右矢印

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント215の征服を本棚に登録しているひと

ツイートする