気持ちが伝わる敬語の使い方

著者 :
  • 桐原書店
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784342788529

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 敬語と社交性の関係の件で、敬語に対する感覚が高校生と社会人とで随分違うことに驚いた。高校生では、敬語を使わない人の方が自身を社交的と捉えており、社会人になると敬語をよく使う人の方が自分のことを社交的だと考えている割合が多い。
    高校では同級生とフランクに会話できることを社交的と考えていて、社会に出ると、様々な年代の人と感じよくコミュニケーションを取れることが社交的と考えているということか?

  • ★2017/4/16読了。

  • アマゾンのレビューでは分かりやすい、ためになった!
    というようなものが多かったが、
    私には、あまり分かりやすいものではなかった。

    敬語の根本を理解すれば、いちいち敬語を覚えなくとも自然に使えるようになる
    というもの。
    そう言われれば確かにそうなのだが、その敬語感覚を身につけるということが
    本を読んでいく中で私には分かりにくかった。

    敬語を必要とする場面は突然にやってきて、
    いつもとっさに言葉が出てこないことや
    これ、正しい言い方なの?
    と分からなくなることが多々あるので
    こういうときは、こういう言い方系の
    敬語の本を読んだ方が私にはいいのかもしれない。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする