天国への階段〈下〉

著者 :
  • 幻冬舎
3.55
  • (14)
  • (32)
  • (46)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 201
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (388ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344000568

作品紹介・あらすじ

元強盗殺人犯・及川広美が刺殺された。彼の更生を固く信じていた老刑事・桑田規夫は、弔いを誓い志願して捜査を開始した。及川殺害を闇に葬ろうとする柏木に届いた脅迫状。それは柏木の犯行を示唆するものだった。無気味な影と執拗な警察捜査、そして第二の殺人事件…。復讐のシナリオは瓦解していくのか?罪深き魂は、いったいどこへ流れ着くのか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人脈が様々なところでつながっていく。人物がよく書けている。レッドツェッペリン「天国への階段」という音楽がわからないので、作者の意図が今一つつかめない。音源を探してみようと思う。

  • 読み始めたときバブルのときに有名になったグッドウイルグループの折口さんを思い出した。もちろん生い立ちなど全く違うが極貧の環境から大きな企業グループを経営するまでにどん欲なまでに企業拡大に走った折口氏を彷彿とさせる筋書きの部分もあるからだ。話は人と人とのつながりの不思議とそれにまつわる哀しい恋愛物語だ。涙は出ないが楽しく読めた。ものすごいページ数で読むのに大変だが展開が面白いのですぐ読めます。

  • 下巻に入っても刑事の地道な捜査過程が克明に描かれていて、無理のない展開です。犯人も動機もまた背景も読者にわかっていながらも手に汗握る語り口に感動します。最後まで飽きさせずに長編を読み終えました。結末は予想範囲内だったとはいえよく考えられた筋立てでした。

  • 上巻と変わらず素晴らしい一冊。

  • 「泣ける」本ということで期待しつつ読みました。確かにラストで泣けたし、面白かったけれども、ちょっと綺麗過ぎるかなぁ、と。殺人を行った経緯、心情が分からないわけではないが、被害者はいずれも本来の復讐に無関係で正直殺されるような人物ではなかったこともあって、主人公に共感しにくかった。先に読んだ同著者の『海は涸いていた』の方が断然良かったかな。

  • 復讐を誓った男の切ないストーリー。展開の読めなさと明らかになるにつれての悲劇と上下巻のボリュームも一気読みしてしまうくらいの名作!!

  • 登場人物たちの心情が丁寧すぎるほど丁寧に描かれた、深い内容の本ですが、思ったより入り込めなかったです。
    好みの問題かも。

  • 恋愛小説なのか復讐劇なのか・・・

  • 2010/4/29


  • そして、このレビュー作成にあたり、さらに読み返したい願望が(笑

全15件中 1 - 10件を表示

白川道の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする