ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

  • 幻冬舎
3.65
  • (138)
  • (149)
  • (299)
  • (21)
  • (4)
本棚登録 : 1617
レビュー : 207
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344001404

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 苦手な英語克服のため、英語多読に挑戦しています。
    GR(Graded Readers)の中から本を選び、ぼちぼちレベルを上げながら読んでいる最中ですが、苦手な文法でつまづいてしまうこともたびたび…。
    そこでビッグ・ファット・キャットを再読です。

    本書の特徴はこれでもかというくらい易しく、英文を読むポイントを教えてくれるところです。
    目的語、形容詞、助動詞…などなど、文法用語が出てくると気の遠くなる私にはぴったり。
    全編カラーで、色と絵で文の形を示してくれるのも、視覚的にわかりやすくて印象に残ります。
    …それに、猫好きの心をくすぐる、もったりとしたフォルムの猫のイラストがかわいいのです!

    本書を読み切ることで、英語に対するモチベーションが高まりました。
    苦手意識の強い英語のやる気スイッチをONにしてくれる本は、私にとってはかなり貴重な存在なので、本当にありがたい!

    巻末の前置詞の説明は理解度50%くらいなので、もう一度くらい読み返したいと思います。

  • 『ビッグ・ファツト・キャットの世界一簡単な英語の大百科事典』の基になってる本。ビッグ・ファツト・キャットシリーズの英文の基本的な解釈・考え方はこの本で完成されている模様。ただ、大百科事典より言葉での説明が多い。値段的に100円しか違わないので、どちらかを買うとすれば、こっちより大百科事典の方をお薦めしたい。でも、両方読んでみて、ダブル向山氏による読者の理解を深めるための試行錯誤が見て取れたので、それはそれで面白かったです。

  • 復習の意味で購入。学術論文なんてものを読んでいると、著者に「あなた、結局何が言いたいのよ!」とキレたくなることもしばしば。それに比べて本書のシンプルな文章は心が洗われるよう。英語が苦手な人も、英語で文章を書いてみたくなる本だと思います。また絵本の翻訳にトライしてみたくなりました。big fat catが超カワイイ!

  • 最初に英語の本を読むきっかけを与えてくれた本。文法を知らなくても本が読めるんだ~と、あと本を読んだら読んだだけ英語力があがる、ということをこの本を読んで確信して、それから本当に沢山の本を読んで英語力があがったので、そういう意味で自分の人生を変えてくれた本

  • ・試験目的でなく、
     社会人が気まぐれに英語を再開するのに最適。

    ・本の構成が、
     「ここはいいや」と思うところは飛ばして読んでも大丈夫になっている。

     長文講読は、ちょっと分からなくても飛ばして読めと
     よく言われるが、
     この本自体がそういうしくみなので、
     「完全コンプリートを目指さない」手法の訓練にもなる。

  • 自分の英語力がハンパない中途半端のせいか、非常に分かりやすく
    生まれて初めて楽しめた英語本です。

    シリーズは7巻で完結、こちらはその第1巻。

    ○英語の構造をコロンブスの卵的な解釈でびっくりする程楽しく理解させてくれる英語のトリセツ的なパート。
    ○7巻からなる大冒険への序章のストーリーパート。
    ○全体的な補足、解説的なパート。
    の3部構成。
    +物語の舞台となるエヴァービルのマップなどのオマケもあって
    かなり盛りだくさんな内容です。

  • 苦手とする文法や単語 塾語を漫然と覚えるより多読を進めてくれる。やってみよかな!

  • 英語のベストセラー本ですね。

    さて、どんなものかと読んでみたら確かに面白い。

    英語をイメージで捉えて読むので非常に理解しやすくて目からウロコでした。

    この本の著者は多読をすすめています。

    やっぱり「読む」というのは私にとっても取り掛かりやすい勉強法だろうなあ。

  • 2017/05/21

  • 英語読書のための入門書。
    基本中の基本をとてもわかりやすく説明してくれているので、読書や英作文の前に読んでおくと理解が早くなる。再読。

全207件中 1 - 10件を表示

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本のその他の作品

向山淳子の作品

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本を本棚に登録しているひと

ツイートする