邪光

著者 : 牧村泉
  • 幻冬舎 (2003年1月発売)
2.79
  • (0)
  • (2)
  • (13)
  • (2)
  • (2)
  • 本棚登録 :31
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344002890

作品紹介

少女が鈴を鳴らす時、血なまぐさい殺人事件が起こる。第3回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作。

邪光の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 牧村泉作品初読み。
    一番怖いのは表紙でした(笑)
    不気味だけど恐怖はあまり感じず終わってしまいました(¯―¯٥)

  • ホラーサスペンス大賞特別賞(2002/3回)

  •  第3回ホラーサスペンス大賞「特別賞」
     つまり、大賞では無いです。

     流石ホラーサスペンス!!恐ろしい女の子が出て来ます!!
     面白いですが、途中でだれるのが残念。
     「でも、やっぱり愛されたいんだよね~」

     女の子の無邪気さ、故の、とか言いたいですが、
     この子無邪気じゃないから!!

     でも、「愛されたい」その思いが、ラストの展開にいっちゃうんですね~。
     手放しで、可哀そう(´・ω・)カワイソス、とは言えないが、
     可哀そうでもあります。

     むしろ、主人公の主婦に共感が出来なかったり、
     「そいつも悪いが、そっちの方が悪いだろ!!」って思った。
     
     完全に何言ってるから分からないでしょうが、そう思ってしまった。
     途中のダレる展開が無ければ、「☆4」あったな~。

  • ホラーサスペンス大賞特別賞作品。大賞の「人形」よりも、こっちのほうが派手でとっつきやすいしわかりやすい。
    ……ちょっと犯人(?)側に共感。そうだよねえ、やなやつには自分で手を下すよりも、こういう手段を取れたら、なんて。そしてそう仕向けることは果たして「悪」なのかどうか、と考えてみると。本当に怖いものは何なのか、見えてくるような気がする。

  • う〜ん、なんて感想を書こう。
    表紙の感じではもっと怖い話を想像していたけど、
    そうでもなくて・・・
    ただ、読んでいるときに、カバーの折り返し部分に日本人形のようなこの顔が見えるのが
    怖かった・・・
    ストーリーと関係ないけど。

  • んー主人公が繊細すぎる(笑)設定はなかなかドロドロしていていいんだけど…もう一捻りw

  • 関わってしまったら戻れなくなるのにずぶずぶと深みにはまっていく様子が怖い。
    (関西圏の方には失礼かもしれませんが)特に関西弁が怖さ倍増させています。
    (2003.6.23)

全7件中 1 - 7件を表示

邪光のその他の作品

邪光 (幻冬舎文庫) 文庫 邪光 (幻冬舎文庫) 牧村泉

牧村泉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
雫井 脩介
東野 圭吾
東野 圭吾
綾辻 行人
湊 かなえ
五十嵐 貴久
東野 圭吾
高野 和明
誉田哲也
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
桐野 夏生
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
道尾 秀介
小野 不由美
桐野 夏生
小野 不由美
貴志 祐介
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする