剣客春秋―女剣士ふたり

著者 :
  • 幻冬舎
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344003422

作品紹介・あらすじ

残忍な刺客で恐怖の秘剣・山颪の遣い手とは何者か?一刀流の「千坂道場」を営む藤兵衛と娘の里美の元に幼い姉弟が訪れた。ふたりの父親はかつての門弟。その父親の敵討ちの助太刀を懇願される。これぞ剣豪小説の醍醐味、大人気の江戸人情捕物帳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 剣客春秋シリーズ第二弾。春めいた陽気の中、奇妙な刀傷を持つ黒羽織袴姿の骸が見つかった。通りかかった藤兵衛はかっての門弟臨時廻り同心坂口から、相談を受けたが心当たりが無かった…。千坂道場の主・藤兵衛の元に幼い姉弟が突然訪れた。ふたりの父親はかつての門弟。その敵討ちの助太刀を懇願される。姉弟を追ってやってきた黒木の話では、仇敵は山颪という秘剣を操る剣鬼だという。その所在を追う里美と彦四郎の前に立ちはだかる侍一味の正体とは?読みやすく続編も一気読み。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1946年、埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業。1990年「剣の道殺人事件」で第36回江戸川乱歩賞を受賞。ミステリーから剣豪・人情時代小説へと執筆の幅を広げ活躍中。

「2018年 『鬼の隠れ簔 新まろほし銀次捕物帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

剣客春秋―女剣士ふたりのその他の作品

鳥羽亮の作品

剣客春秋―女剣士ふたりを本棚に登録しているひと

ツイートする