ジャイアンツ愛

著者 :
  • 幻冬舎
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344004214

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原監督第一次政権を退任した後の著書。2002年に就任1年目で日本一に導いた後、2003年3位に終わり、監督を辞任に至るその1年の記録。書き下ろしではなくインターネットのホームページに掲載されたものをまとめたもの。2003年の巨人の思い出は松井が海を渡ったことで4番不在、けが人続出の年だった思い出。レギュラーでひとり気を吐いて全試合出場したのは二岡智宏だけ。2013/361

  • 苦しみ抜いた一年が凝縮されていた。書き下ろしでないのが残念。

  • 実は強いて言うほど巨人ファンではない。ただ、地理上、必然的にナイターは巨人中継が放送されるのでついつい見てしまい、なんだか、巨人ファン的心理にされてしまう・・・。ということはファンなのか?
    <br><br>
    それはさておき、この本、敗北に満ちた去年1年間の長い戦いと苦悩の日々が綴られている。残念ながら監督を退くことにはなったのだが、それは決して彼自身の責任ではなく、今だからということもあるのだが、チーム全体、或いは、球団全体、リーグ全体の問題だったのではないかと言う気がする。よって、彼の出した結論もあながち間違っていないような気もする。
    <br><br>
    彼が辞めた今年も、長いペナントレースが終わった。球界にも色々と変動があり、日本のプロ野球自体、形を変えつつある。そんな中、今流の野球を指揮できる人が居ないのは残念であるけれど、いつかまた帰って来るだろう。そのときは、この本に書かれた気持ちを大切に戦って欲しいものだ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

原 辰徳:東京大学 人工物工学研究センター 准教授

「2015年 『観光情報学入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原辰徳の作品

ツイートする