ママはぽよぽよザウルスがお好き〈1〉子どもは怪獣だ!

著者 :
  • 幻冬舎
3.85
  • (10)
  • (3)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344004221

作品紹介・あらすじ

子どもは怪獣だ。子育てママの聖典、堂々の復刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 子どもの頃TVアニメを見ていました。現在、同じように男の子と女の子を持つ親となり、この原作漫画の存在を知り懐かしい思いもあり、読みたくなりました。
    すごく面白かった!時代は一昔前だと思うのですが共感の嵐です。子育てっていつの時代も同じなんだなとしみじみ思いました。こうやってみんな大変な思いして、悩んで、泣いて、笑ってやってるんだーって。
    そして明るい内容なので読んだら元気が出ます。そして気持ちが楽になる。くすりと笑えるところがいっぱいあります。
    育児書として読むのもアリですね。
    これから全部読もうと思います!

  • マンガだけ読んだ。山田昌弘のコラムはいらない。子育ての苦労をこれだけかわいく楽しげに描ける上手さはさすが。

  • 図書館で借りたらすごく面白くて,シリーズ一気読み。
    リュウ君やアンちゃんが,もう大きくなっているなんて,
    時の早さを感じます。

  • 2007/11/8図書館
    リュウくんとアンちゃん。
    きっと気が楽になる、育児マンガ。

  • プチタンファン時代に読んでいたマンガです。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1月1日、北海道生まれ。代表作『ペルシャがすき!』『ママはぽよぽよザウルスがお好き』『たんぽぽちゃん』など多数。『ママぽよ』のその後を描いた『かわいいころを過ぎたら』(リュウ編 アン編)、『20歳は過ぎたけれど』(小社刊)は子どもを持つ母たちの間でロングセラーに。『今夜もホットフラッシュ』は、更年期症状を明るく描き多くの読者を獲得している。現在も家族4人+1匹のミニチュアダックスフントと生活中。

「2018年 『アラフィフさん いらっしゃ~い!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青沼貴子の作品

ツイートする