13歳のハローワーク

著者 :
  • 幻冬舎
3.39
  • (98)
  • (139)
  • (494)
  • (17)
  • (11)
本棚登録 : 1504
レビュー : 204
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344004290

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小説家だか作家の部分がね…誰でもなれる的なことが書いてあって絶望した。ちなみに読んだのは高校生ごろ。あと、ずっと寝てる子はたまに起こしたほうが良いよ(ずっと寝てる人でした)あんま真面目に書いてる感じしなかったので星はひとつ。

  • 学校でよく読まされません?
    将来のことなんて全く考えてなかった、
    その時が楽しければ良かった中学の時に読まされても・・
    自分には関係ないってパラ読みしてたから、
    全く内容覚えてないっす・・
    今読めばもっと真剣になれるのかも(・∀・)
    もう一回読んでみたいですな〜

著者プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

「2018年 『収録を終えて、こんなことを考えた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上龍の作品

ツイートする