小林賢太郎戯曲集―椿・鯨・雀

著者 : 小林賢太郎
  • 幻冬舎 (2004年4月発売)
3.68
  • (47)
  • (31)
  • (106)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :278
  • レビュー :42
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344006010

小林賢太郎戯曲集―椿・鯨・雀の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 言葉遊びのような作品から、価値観を揺さぶられるような衝撃作まで幅広く、しかしいずれも他者や人間への愛、肯定感が根底に存在するように思います。
    声を出して読む、演ずるもよし、舞台(映像)とあわせて楽しむもよし、文庫版もあります。他者の肯定は、自己の肯定につながりますね。
    【熊本大学】ペンネーム:可

  • 発想を超えた笑いが盛りだくさんの第8回公演「椿」、もはや作品ともいえる上質なコント多数・第9回公演「鯨」、永遠の英雄“ネイノーさん”ここにあり!?・第10回公演「雀」の戯曲集。

    いやー面白いなあ(率直
    映像を見た後に読んでみると、その場面場面の情景が頭に浮かんできて自然に笑えちゃう。
    電車の中で読むときは注意しましょう。

  • おもしろすぎる。

  • 第2戯曲集。第8〜10回公演の作品が収められています。
    1番好きな作品
    ☆椿…日本語学校アメリカン
    ☆鯨…器用で不器用な男と不器用で器用な男の話
    ☆雀…男女の気持ち
    鯨は名作!

  • 天才

  • 奇才ですなぁ

  • 私の青春勝手に其の二

  • 台本2。ラーメンズは一種の芸術です。

  • 電車で読むとかなり怪しい人になる。
    疲れた頭にいい本。

  • ついでにもう一冊。何か指紋ぺたぺたつくから触るのが気がひける一冊ですが(笑)コント観てから読んだほうが多分面白いと思います。でも小林賢太郎のあたまのなかは、本読んでも計り知れない。前書きだけでも読む価値があると思うのはあたしが小林賢太郎リスペクトすぎるからでしょうか。

全42件中 1 - 10件を表示

小林賢太郎戯曲集―椿・鯨・雀のその他の作品

小林賢太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

小林賢太郎戯曲集―椿・鯨・雀はこんな本です

ツイートする