Q&A

著者 :
  • 幻冬舎
3.35
  • (119)
  • (277)
  • (647)
  • (69)
  • (23)
本棚登録 : 1726
レビュー : 363
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344006232

作品紹介・あらすじ

2002年2月11日午後2時過ぎ、都内郊外の大型商業施設において重大死傷事故発生。死者69名、負傷者116名。未だ事故原因を特定できず-。質問と答え(Q&A)だけで物語が進行する、リアルでシリアスなドラマ。謎が謎を呼ぶ"恩田陸ワールド"の真骨頂。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 怖い話には極力近付かないようようにしています。
    苦手だからです。
    いつでも怖いものセンサーは作動させているつもりだし、油断なんてしていないつもり。
    それでも、怖い話だと知らずに読み始めてしまうことがあります。
    読み始めてしばらくしてから気付くのです。自分がやらかしてしまったことに。
    そういう場合は途中で読むのを中断するのはご法度。
    そんなことしたら頭の中で展開されている想像(妄想)がどんどんエスカレートして、いつまで経っても恐怖の中にいないとならない。
    だから、(だからじゃないよ)、もしかしたら私は怖い話ほど読むスピードが速いかもしれない。ちゃんと計測したことはないけれど。

    そんなわけで、『Q&A』一気読みでした。
    こんなにも淡々と、こんなにも静かに、こんなにも不気味な時間を作り出せるなんて本当にすごい。
    「怖い」と怯えながら、早く読み終わりたいと思いながら、ぐいぐいと物語の時間に引き込まれていきました。

    そして、読み終わった瞬間、まるで霧が晴れるように恐怖が消えていることに気付きました。
    いつの間に?
    一体いつから怖くなくなったのか?
    自分に問いかけても答えはなく、ぽかんとしてしまいました。

    この物語が好きか?と問われれば、『すみません。私は苦手です。』と答えます。
    でも、もし、この小説の感想を率直に求められたら…

    『怖かった』では片づけられず、『面白かった』という感触ではなく、『驚いた』では言い表せず、
    いったいなんと言えばいいのか、私の中にまだ答えはありません。

  • これ、評価低いんですね。恩田ファンですが、Q&A好きです。深夜に読んだらハラハラして怖かった。
    「その時の人の行動」と「その後の人の行動」、「冷静な判断」、「目撃したことを記憶すること」…恩田さんらしいですよね。


    Q&Aとユージニアは同時に読んだせいか話がごっちゃになっている。どちらも好きな小説です。(両方に言えるのは関係者は死ぬってこと。)
    2004年発売の恩田陸作品私はすきですよ(*^o^*)

  • うーむ。アイディア勝負の作品でしょうか。あるショッピングセンターで起きた謎の事件と言うか事故というかパニックに関係する人々の、1体1の対話、まさにQ&Aだけで小説が構成されています。最後まで読んでも何かがすっきりするわけではなく、むしろ何じゃそりゃ、と言う感で終わります。世界観を楽しむ小説かな。時代背景としては、東海村での臨界事故だとか911の同時多発テロの後。会話にもちょろっと出てくる。

  • 何が原因か解らないのにパニックになってしまいデパートで死者69名、負傷者116名の大惨事が起こってしまう。その原因を探ろうとするが・・・。

    最後の場面でのせりふ 「あの日から全てが始まった」。
    ひとつの事件はそれぞれの人生を狂わせてしまう。しかもよい方向に向かうことはなかなかない。この小説のような事件はもうどの社会でも起こっても当たり前になっている。
    そういえる背景として、人と人の関係がなんだかおかしくなっているのではないか。人と人の関係や会話が全てがQ&Aになってきてしまってきている。つまり「問いと答え」のような関係でしか成り立たなくなってきていて、中間的な関係や曖昧な状態が否定されてきたのではないか。
    質問する側と答える側にどんな人間的接点やいたわりがあるのだろうか。失って気づくことがあるが、そのためにはこんな事件や大惨事がなければしょうがないのかも知れない。
    そんな社会にあだ花のように咲くのは新興宗教なのかも知れない。恩田さんが訴えているのはそんな大きなテーマのように思いました。
    お話としては、もう少し長くひっぱったほうがよかったと思いました。

  • 実験的だけど
    尻窄みな感じだった。
    でも、曖昧な感じの、展開でも許される話だったと思う。何年か開けて2度読んだ。

  • あるショッピングセンターで起きた原因不明のパニック。大量に人が死んだのに原因になるようなものが出てこない。Q&Aの形で謎の人物が淡々と事件関係者から聞き取りを行う。 中盤までは謎が解けるかどうかが気になって読み進めていったけど、結局はっきりとは分からず消化不良感。奇跡の少女の洗脳っぷりが気の毒だった。あそこまで金の亡者の母親がいるのってどうなんだろう。
    読了日・感想を編集

  • 内容は違うんだけど、秋葉原の事件を思い出してゾッとしました…
    集団心理とかパニックとか…

    文体が読みやすいから好奇心ですいすい進むと、
    知らない間に底なし沼の上まで誘導されていたような感覚が何度も…
    静かに恐ろしいジャパニーズホラーに近いものがあると思う。
    あああ怖いいい

  • んー。オチがはっきりしない。結局なんだったの?ってなる。それが狙いなんだろうけどなあ、

  • 2016.10

  • うわぁ~!これでこそ恩田陸!
    この不気味さ、禍々しさったら…。
    そして、色んな立ち位置から見たモノをモザイクみたいに繋ぎ合わせるしかない「現実」

全363件中 1 - 10件を表示

プロフィール

恩田 陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。幼少期は名古屋、長野、富山、仙台などを転々とする。高校時代は茨城県水戸市に在住。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。
1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。
2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞と第14回本屋大賞を受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。

恩田陸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Q&Aを本棚に登録しているひと

ツイートする