Q&A

著者 :
  • 幻冬舎
3.35
  • (119)
  • (279)
  • (654)
  • (70)
  • (23)
本棚登録 : 1768
レビュー : 364
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344006232

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • インタビュアー&インタビュイーの構造が崩れたあたりから面白くなってきました。浮かび上がるのは人間の利己心。

  • 爆笑問題の太田さんがラジオで絶賛してた本。
    いやぁー食いついた!おもしろい!
    と思ったが、最後はちょっともったいない気もする。
    混んでた地下鉄で読んでたらだんだん怖くなった。
    人が大勢いるとこでは読まない方がよさげ。
    恩田陸初めての人にはあまり勧められてないようだが、
    インタビュー・会話形式が読みやすかったので私はOk。

  • インタビューアーと関係者との対話という形で話が進められます。この手法もおもしろいですし、はっきりした結末がないにも関わらず落としどころが丁度良く、すっきり読み終えられます。

  • 質疑応答形式で物語が進んでいくのが独特。
    途中まではなかなか面白かったが、終わり方がひどい。
    話がぶっ飛びました。

  • Q&A方式で、大型ショッピングモールで起こったパニック事件の真相を明かしていく作品。
    駄作。
    面白くなかった。
    出だしや、コンセプトには非常に惹かれるものがあったのだが、最悪の形で完結した。
    あり得ない後味の悪さの読後感。
    おススメしない。

  • やっぱり導入と構成が面白いだけに、重要なのは犯人や真相ではないんだということが言いたいのは分かるんだけど・・・分かるんだけど・・・結末が期待外れ感満載。

    真実は見る人によって異なるし、それをまた言葉にしたら語られる言葉によっても異なる。

    それは分かっていても、やっぱり納得がいく真相を欲してしまう・・・。

  • 会話だけで構成された小説。とても斬新。
    人間の心理って怖い。
    読後はすっきりしないです。
    やっぱり人間は物事に原因を求めたがる。

  • 質問と答えだけで物語が進行していく。実際にありそうな話で読後に妙な気分になる

  • Q(質問)とA(回答)のみで進んでいくストーリー。
    ミステリー性や宗教などの社会風刺も織り交ぜ、非常に爽快な読後感を得た作品。

  • 惜しい。途中までがものすごく面白く、恐ろしい。
    けれど、最後が・・・まさかあんな風に終わるとは思わず読んでいた。
    『六番目の小夜子』も、体育館のシーンがゾッとするほど良かったのに、終わりは今ひとつ。
    とてももったいない作品だと思う。

全364件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

恩田陸の作品

ツイートする