ビッグ・ファット・キャットとフォーチュン・クッキー (BFC BOOKS)

著者 :
制作 : たかしま てつを 
  • 幻冬舎
3.70
  • (15)
  • (20)
  • (33)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 168
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (103ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344006348

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんか一気に文のレベルが上がった気がする。飛ばしながらも読破しました。
    解説では洋書への踏み出し方について丁寧に描かれていました。俺も児童書から入ろかな。

  • 英字小説を読む楽しさを教えてくれるシリーズ第6弾。
    あと1冊を残して、著者お勧め英字小説として、
    児童図書が挙げられ、何冊も紹介されている。
    いくつかトライしてみたい。

    小説の内容としては、ピザコンテストがいよいよ大詰め。
    良い結果・悪い結果含め、残すはあと1冊。
    どのような話の終息に至るのか?今から楽しみ。

  • パイ・コンテスト終了。アクシデントが起こり、やり直しになったが(あの猫のせい!)EdもLeremyも自分らしいパイを焼くこと、自分を見つめ直すことになるチャンスでもありました。哀しい事が起きてしまったが、彼の言葉がEdには残っている。続きを読むのは、少しとっておこう。まだ、終わって欲しくないから。

  • BFCシリーズ6冊目。
    パイコンテストが始まってから、スピード感があって
    読むスピードも自然と早まります。

    キャット達の迷惑な大活躍(?)でパイコンテストは
    やり直しになり、Edはオリジナルのパイで勝負に出ます。

    Jeremyはますますいい人になり、
    Billy Bobはなかなか良いことを言う憎めない奴だと
    判明してしまいます。

    パイコンテストには見事に勝利したのですが、
    Willyを救うことは出来ませんでした。
    その微笑みは全てを知っていたように見えることが
    唯一の救いでしょうか。
    あと1巻で終わりだと思うと淋しいです。

    巻末におすすめの洋書ガイドが載っていましたが、
    Louis SacharやRoald Dahlなど
    既に読んだものがたくさん紹介されていて
    嬉しくなりました。

    37冊目 4,500words YL2.5
    total 624,827words

  • 面白かった!
    1日で読みました。

  • ■書名

    書名:ビッグ・ファット・キャットとフォーチュン・クッキー
    著者:向山 貴彦

    ■概要

    パイ・コンテスト、最高潮へ。残り時間7分。焼き上がったパイは
    失敗作だった。絶体絶命のピンチに追い込まれたエドの運命は。
    (From amazon)

    ■感想

    本巻は、個人的には盛り上がらなかったです。
    というのも、すべてがあまりにも予想通りだったから。
    最初にCatが出てきたことで、本作は不幸の連続であることを踏ま
    えるとあまりに想像通りのストーリーでした。

    予想通り、パイコンテストは、エドの逆転優勝で終わります。
    が・・・・エドは大切なものを失ってしまいます。

    次はいよいよラストですが、どのように終わらせるのか楽しみです。

    なお、前作からさらに英語のレベルが上がったように思いますので、
    読み飛ばしが出来ないと、相当英語がすらすら読める人で無いと、
    物凄いストレスだと思います。


    また、本作では、物語の後に、洋書の児童書をいくつか紹介してい
    ます。
    どれこもれもかなり有名な児童書ですが、かなり難しいものを、
    本作と同じレベルとして紹介しています。
    ルイスサッカーさんは、Marvin Redpostシリーズ以外は、かなり
    難しいので、ご注意下さい。
    あと、Roald Dahlさんの本も、かなり難しいし癖があります。
    正直、この本が読めたからといって、読めるレベルの本では
    無い気がします。
    本は相性があるからハマる人にはハマると思いますが、出来れば
    立ち読みすることをオススメします。

    また、洋書の児童書を色々探してみたいなら、「100万語多読入
    門」が面白いと思います。

  • 英語の絵本。

  • YL:2.5
    語数:7000

  • これ読むのも二回目なんですがー…。
    やっぱ、この本の見どころは後半の解説にありますね。
    今回は洋書の選び方っていうかお勧め洋書リスト……?
    アメリカの子供の読書事情とかもあって面白いです。
    アメリカ小学校のMAPとかも載ってます。洋書読んでて「アメリカの小学校って一体…?」と思ってた人必見。そのためだけに買うのはどうかな……ですが。

全21件中 1 - 10件を表示

向山貴彦の作品

ビッグ・ファット・キャットとフォーチュン・クッキー (BFC BOOKS)を本棚に登録しているひと

ツイートする