間違いだらけの中高一貫校選び

著者 :
  • 幻冬舎
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344006607

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東大合格者の相当数がダブルスクールで合格を手にしている.私立校に通いながら塾に来ている生徒は7、8割とも言われるその層がGMARCH以上に行っている/子供の受験は「先行逃げ切り型」が絶対に有利/中2、高2などの中だるみ期は「検定ものへのチャレンジ」などで乗切る

  • ゆとり教育の被害を回避するために、中高一貫教育を受けさせることを選ぶのは一理あり。
    子供の適性、塾や進学先の情報収集など、親の役割が大事であると再確認した。

  • 「開成でビリ」より「城北でトップ」をめざせ! 単なる「学歴」ではなく、本当の「学力」がなければ生き残れない時代に、ブランド名も歴史も関係ない、注目の中高一貫校はここだ! 全国47校を紹介した究極の学校ガイド。



    うーん
    色々書いてありますが、やはりあたりまえのことでしょうけれど、進学させる親のリサーチ力と子供の意欲。
    それがなければ、どこに行きたいとかという問題は出来ませんよね。
    勉強が好き。という気持ちになれるといいですけれど。。。。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1960年大阪府生まれ。和田秀樹こころと体のクリニック院長。国際医療福祉大学大学院教授、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師。1985年東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローなどを経て現職。

「2018年 『やってはいけない健康診断』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田秀樹の作品

ツイートする