半島を出よ (上)

著者 :
  • 幻冬舎
3.71
  • (280)
  • (285)
  • (553)
  • (18)
  • (6)
本棚登録 : 1954
レビュー : 312
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344007598

作品紹介・あらすじ

北朝鮮のコマンド9人が開幕戦の福岡ドームを武力占拠し、2時間後、複葉輸送機で484人の特殊部隊が来襲、市中心部を制圧した。彼らは北朝鮮の「反乱軍」を名乗った。財政破綻し、国際的孤立を深める近未来の日本に起こった奇蹟。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一気に物語の世界に引き込まれた。ひさびさに村上龍の作品を読んだが、やっぱ凄いわ。

  • 読みにくかった点として、登場人物が多すぎる。数えてませんが、全体を通して名前が出てくる登場人物がざっと50人以上はいたんじゃないでしょうか。上巻の中盤くらいまではそのせいではっきり言って読みにくかったです。

    しかしストーリー自体は衝撃の一言。
    実際に日本の一部に北朝鮮から反乱軍という何とも中途半端な立場の者たちが侵略してきたら本当にこういう展開になるんじゃないかと言う気がしてきます。及び腰な日本政府とそれを承知でそこに付け込む北朝鮮や諸外国。保身で頭が一杯の政治家や官僚たちとそのためにどんどんと抜け出せない深みにはまっていく状況。それに翻弄される福岡市民たち・・・。

    北朝鮮国内情勢の描写がとてもリアルでそれにも驚きました。村上龍さんはそういった資料や情報はどこから仕入れたんでしょうね??全くの作り話と言うこともないでしょうし。入念に下調べをした上での作品なんだろうなと感じました。

    かなり読了に時間を掛けてしまった作品ですが、読む価値のある一冊でした。

  • やっぱり面白いわ~。こういうの書くから村上龍を止められないんですよね。
    もうイシハラとかめちゃくちゃ気持ち悪くてこんなキャラクターを作ってしまえるところが本当すごい。

    なんか発売当初の感想が「何知ったかぶって語ってんの、ププ」みたいなレベルの低いこっぱずかしいものですが、まあいいか。どうせ誰に見られるでもなし。

    10.08.18 再読


    頭の悪い表現ですがここ10年、村上龍は実にイケてなかった。
    援助交際に乗っかったりサッカーに乗っかったり坂本龍一に乗っかったり引きこもりに乗っかったり。
    『乗っかる』事はマーケティングの結果であって村上龍はそれを実にエキサイティングに噛み砕いて作品を排出できる作家ではあったけれど、ここ10年、彼は実にイケてなかった。
    それはその期間の彼の作品群を見ても明らかであるし、実際の作品も「ビミョー」としか言いようの無い暗いだけだったり、説教臭かったり、読む気すら起こらないような作品が多かった。

    『コインロッカーベイビーズ』で味わう破壊衝動と高揚感
    『走れ!タカハシ』の軽いテンポ
    『コックサッカーブルース』で描かれる偏った性癖
    『初めての 夜二度目の夜 最後の夜』で感じる獲得と喪失

    これら過去の作品を中途半端になぞるだけの10年だったように思うのです。
    作品から感じるナルシズムと思い込みの激しさはどこへ行ってしまったんですか!?
    『13歳のハローワーク』が100万部売り上げたとしても私はそれを小説家である彼の評価に直結できないのです。「やっぱり、乗っかるところは乗ってきたな。」それが私の感想。

    しかし、『半島を出よ』は違った。
    やっぱり村上龍は乗っかった。
    でもこれは凄い。

    話は変わるのですが、日本でも特にメジャーな小説家と言えば、村上春樹・吉本ばなな・村上龍と言っても良いでしょう。この3人の作品に共通する事は一つ 『行って、帰ってくる話』 。これだけ。

    村上春樹は『行って、帰ってきた』後、周囲に上手く溶け込めない話。
    吉本ばななは『行って、帰ってきた』後、何だかんだで上手くやっていける話。
    村上龍は『行って、帰ってきた』後、なんてどうでもいい話。

    つまり、村上龍は『後』をどうにでも変化させて作品を出してきたのですね。 しかし『半島を出よ』はそもそも‘行って、帰ってくる話’ですらありませんでした。

    後編へ。

  • 荒唐無稽の小説だろうけど高い評価の人も居るから と読んだ。存外面白くて上巻を1日で読了。福岡の街が舞台だからそれだけでも親近感が湧く。福岡が北朝鮮に占拠されると言う展開で どう着地して行くのか気になる。

  • 村上龍はえぐいけどおもしろかった。

  • 村上龍の『半島を出よ』上・下巻を読んだ。最近、仕事も忙しくて結構長く掛かった。

    最近の北朝鮮の核実験やそれに対するアメリカ、中国、韓国と日本の対応を見ると、実際にこの物語のような事件、すなわち朝鮮半島統一に向けた北朝鮮の変遷のために軍の一部の分離のようなことが必要になる日が来るのかもしれない。

    その時、日本の一部への侵攻が北朝鮮の国家主導もしくは軍の一部のクーデターとして起こる可能性もゼロではないのかもと思った。

    この話の中には、さまざまな立場のグループが並列で登場してくる。話の展開は、一部前後しつつ進んでいく。最後は多少呆気なく終わってしまった印象もあるが、面白いストーリーであった。

    登場するコリョ軍の一人一人の感覚と日本人の一人一人の感覚があまりにも離れていて、それが現実にもそうなんだろうなぁと思うと共に、その感覚の違いがストーリー全体に大きな影響力を与えているようだ。

    2006年11月25日 読了。

    結構、今もタイムリーな話題ですね。

  • 北朝鮮の特殊部隊が福岡ドームを占領する。 それに合わせ、4個小隊が福岡空港を占領して、4個師団が九州を封鎖占領する。 というありえない小説。 ただ、この近未来小説は、日本が落ち行く姿を描いている。 それだけは当たっていそうだ。

  • うーん。
    リアリティがあるんだか、ないんだか。。。
    でも、圧倒的な筆力。
    そして、3年前にこの小説は出た、という事実。
    ここまでにはならなくても、作中でドキッとする言葉の数々。
    怖い、と思っても読み進めてしまう。
    こうならないことを祈りながら、そして下巻で少しは救いがありますことを・・・

  • ただ単に攻めてくるわけでなく、計画的に、そして「反乱軍」と名乗っているところに、
    そうか。その手があったか。とうならされた。

    とにかく、著者の想像力というか、
    妄想力や取材力に天晴れと言わざるを得ない。

    ありそうな話と言えば、ありそう。
    現状、起こってもおかしくないとは思う。

  • 初めて村上龍さんの小説を手に取ったのですが、いやー、なかなか難しい!ひとえに僕の頭が追い付けないだけなのですが、北朝鮮の政治事情や占拠の流れなど複雑。それと同時にちょっとお堅い漢字が多すぎやしないかなー、なんて思ったりも。肩書やお役所名で数十ページはいけるんじゃ(笑)そのぶん、圧倒的に現実感があって、現実のニュースを見たときに「あれ、なんで福岡が占拠されてないんだ。。」と一瞬本気で思っちゃいました。僕は九州人なので他人事ではないのですが・・。

全312件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

「2018年 『収録を終えて、こんなことを考えた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

半島を出よ (上)のその他の作品

村上龍の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
石田 衣良
村上 春樹
三崎 亜記
村上 春樹
吉本 ばなな
中野 独人
有効な右矢印 無効な右矢印

半島を出よ (上)を本棚に登録しているひと

ツイートする