半島を出よ (上)

著者 :
  • 幻冬舎
3.71
  • (282)
  • (285)
  • (558)
  • (18)
  • (6)
本棚登録 : 1982
レビュー : 312
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344007598

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 北朝鮮の反乱軍が九州で独立国家を構築する為に
    福岡ドーム一帯を占拠した
    反乱軍を敵と位置付けるかどうかも決められない日本政府
    反乱軍の作戦は順調に進んでいく

    物語に厚みを持たせるために、
    登場人物の背景を語るのは分かるが、それが多すぎる。

    現状の日本の危機管理意識の低さを浮き彫りにしている。

  • 登場人物が多すぎて覚えられないw

  • ずっと装丁に惹かれててようやく購入!!

    中身は、うーん。とりあえず後編には進みませんでした。

  • 登場人物が多くて読むのに苦労した。

  •  全体的にディティールが細かすぎて逆に物語に入っていけない。プロットにリアリティがないので、読み飛ばすようになる。

  • 世間で言われていることの逆で、著者の描く世界には全然リアリティを感じることができなかった。ただし、情報として読む分には(著者は脱北者からの取材を行った由)、北朝鮮特殊部隊に所属する兵士の日常の暮らしや、訓練の様子など、興味を引かれる部分あり。

  • 長すぎ。もっと短くして…

  • カタカナ名前は覚えにくい。今までロシア人が一番難しいと思っていたけど、朝鮮人もなかなか。話が広すぎて読み進めていくのがつらかったけれど、上巻の最後から急に面白くなる。

著者プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

「2018年 『収録を終えて、こんなことを考えた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

半島を出よ (上)のその他の作品

村上龍の作品

ツイートする