夢の中へ

著者 : 園子温
  • 幻冬舎 (2005年6月発売)
2.91
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344007895

作品紹介

映画界のカリスマが描く、スピードと狂気の世界!社会現象を巻き起こした大ヒット作「自殺サークル」から3年。異端児・園子温が脚本をもとに、映像には写しだされていない世界を書き下ろす。

夢の中への感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 監督の映画のように感覚は楽しかったですが、これは詩なのか、何なのか。

  • いやー面白いな?。詩人で映画監督の園子温の映画の小説化。ノベライズとは言わないなぁ。これは小説化という感じ。ジャンルを超えている、おそらく園子温という作品の諸相のひとつなのかな。別の作品とリンクしてたりして。疾走感と抒情みたいなのを両立させていて感心する。こういうことはこういう人がやるのがいいのかもしれないなとか。先に小説を読んだ。さて、では映画はどうなんだろう。映画と小説両方本人なタルコフスキーみたいな話なので、どういう関係なのか観るのも楽しみです。

  • 詩だったら素敵な本。物語なら分かりにくい。

  • 冒頭のドア、交錯する人々、時、夢の中「で」ではなく、「へ」であるということは、そこで起こることではなく、すべてがドアを開いて入っていく、その物語なのだ。やはり映像で感じたい作品。

  • 理解できない。?

全6件中 1 - 6件を表示

夢の中へのその他の作品

夢の中へ Kindle版 夢の中へ 園子温

園子温の作品

夢の中へはこんな本です

ツイートする