悪魔の種子 (幻冬舎推理叢書)

著者 : 内田康夫
  • 幻冬舎 (2007年6月発売)
3.10
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344009295

悪魔の種子 (幻冬舎推理叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 浅見光彦さん読了

    あー、マジで花粉症緩和米とかできねぇかな。

    まぁ、それは置いといて感想。うーん。相変わらずテンポもいいしどこか旅先の情景も想像できる。このシリーズは好き。光彦坊ちゃんも高青年だし。そういえば珍しくヒロインが出てこなかったな。須美子さんなのかヒロインは。ストーリーはもちろん悪くないんだけどいつもの警察のたいどが変わるのは少しだけ物足りなかったかも。

  • 秋田・西馬音内~茨城・霞ヶ浦を舞台に、立て続けに起きた謎の殺人事件。その解明に挑み始めた浅見は、事件を繋ぐ鍵は「花粉症緩和米」だと直感し――。浅見光彦が陸奥を奔る社会派ミステリ。

  • 花粉症緩和米って本当にあるなら欲しい。確かに現実的な発想だと思う。いつものように強引ともいえるストーリー展開。でも楽しいよな。

全3件中 1 - 3件を表示

悪魔の種子 (幻冬舎推理叢書)のその他の作品

悪魔の種子 単行本 悪魔の種子 内田康夫

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 康夫
有効な右矢印 無効な右矢印

悪魔の種子 (幻冬舎推理叢書)はこんな本です

ツイートする