芸術起業論

著者 :
  • 幻冬舎
3.75
  • (101)
  • (181)
  • (186)
  • (11)
  • (5)
本棚登録 : 1450
感想 : 170
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344011786

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ブックカバーは必須だけど読みやすい。違和感のある点も勉強になる点も多くて面白かった。

  • ・論理の重要性
     アートの本場であるアメリカの姿勢は〈謎解きゲーム〉。快感に溺れてる富裕層の目を見開かせるような新しい概念の創造が求められている。そこで論理が重要になる。歴史の文脈の理解と提示、自分の好きの根拠の究明、それを他国の言葉に翻訳すること、敵地の論理の分析。これらがあってこそ独創的な個人のアイデンティティというものが評価される。つまり作品の美的な受容は理論的な理解の上に成り立つ。

    ・金とアート
     アートは人間がすることだからまずもって金がいる。金は最強のコミュニケーションツールであり、芸術家の最後の壁。これが目的になってはいけないが、手段としてなければ評価を引き寄せられない。なぜなら現代美術は概念の遊びでありコミュニケーションなので、同じコミュニケーションである金銭がものをいうから。

    ・アーティストの心得
     歴史を学べ。自分の好きを徹底的に究明しろ。その好きを歴史に接続すれば自分が作りたいものが自ずと見えてくる。そして凡人はひたすら努力しろ、宮崎駿のように。あとは集団を作ってパトロンを獲得しろ。パトロンから独立した孤高の芸術家像は近代に特有のもので、より広範な歴史的文脈からすればパトロン+集団制作が定石。

    ・天才はマティスのみ
     本文で真の天才として示されているのはマティス。彼は芸術家が自由になるプロセスを表現しているとされる。逆にピカソなんかは腕力で描いてるから人間の限界を示しているとされる。ここら辺は感性的な説明しかなかったが、深掘りできたら面白そう。

    ・セクシュアルな存在としての花
     『侍女の物語』で「花は植物の性器だ」と言われていたことを思い出す。村上は大学受験予備校での模写でそのことに思い至り、それがあの特徴的な花のキャラクターの誕生に繋がったそうだ。

  • 難しい本だ。

    村上隆が言いたいことは非常によくわかるし、説得力もある。
    難しいのは、村上隆がこの本でたくさんの隠し事をしているという点だ。

    アートが欧米では歴史的文脈に基づいた一種の商品であり、
    アーティストとして評価されるということは、
    そうした文脈と市場を把握した上で、
    ルールに則った(そのルールを如何に奇麗に壊し、新しいルールを提案するか含めた)作品を作る事だ。
    という主張は非常に説得力に富んだ、面白い視点だと思う。
    また、そうした視点を欠き、市場原理とかけ離れながら、
    大学という安全な空間でぬくぬくと身内受けだけでやっていける日本の芸術界に対する厳しい批判も、多大な有効性を持っているだろう。

    こうした身も蓋もなく、なおかつ面白い議論は僕も大好きだ。
    一方で、村上隆はこの本でたくさんの隠し事をしている。

    まず第一に、じゃあ日本人アーティストはどうすればいいの?という疑問に関する具体的な答えは無い。
    世界のアート市場の現状を把握しろ。という言葉はある。
    でも、それをどのように行えばいいのか?という具体的な答えはない。
    端々に村上の体験に基づいた提言はあるが、それらは必ずしもまとまり体系だってはおらず、
    世界のアート市場の現状を把握するメソッドに落とし込むヒントとしてこの本を読む読者にゆだねられている。
    本書が難しい書だと感じた点のひとつがここにある。
    第二に、本書はあまりにもアート作品を商品として論じすぎているように感じられる。
    後半、マティスを賞賛するあたりの文章では、村上隆自身もアートにただの商品以上の価値を感じていることが伺えるが、
    商取引における額面以上に、美術作品に関する"価値"を論じることは、
    村上隆自身も有効な論述を構築できず、誤摩化したのではないか。という印象を感じる。

    本書はアートに関して語った本のなかでも、誰にでもわかる言葉で語った相当にわかりやすい本である点で希有な物であり、
    現代において疾駆する芸術家が、自らの内に抱いた矛盾すらも内包し、読者に突きつけた、相当に面白い本であるのは確かだと思う。

  • 自伝的な作品で、

    怒りを表現

    という感じ。あんまり面白くなかった。

  • 芸術の世界は研究にも通ずるように思う。

  • 「芸術起業論」村上隆

    ■なぜ日本人アーティストで世界で通用する人が少ないか?
    →欧米の芸術のルールを踏まえていなかったから。
    →だから、欧米で勝負するために欧米アートの構造をしつこく分析した。
    →仮説と検証の連続、マネジメントの技術も磨く

    ■一流の作品とは、理解される窓口の多い作品
    ・価値は偶然から生まれる。運に翻弄される。
    →だから窓口を増やす必要がある。

    ■価値の違いを乗り越えてでも理解してもらうという客観性こそが大切。
    ・芸術作品は自己満足であってはならない。
    ・価値観の違う人にも話しかけなければ、未来は何も変わらない。
    ・本来なら分かり合えない人たちと、どう深く濃く交流していくかを考えねばならない。

    ■芸術には開国が必要
    ・日本の「芸術」の定義はあいまい
    ・世界の価値は「その作品から歴史が展開するかどうか」
    →欧米の美術の歴史に文脈を作るなら、徹底的な学習が必要

    ■世界で評価されない作品は意味がない
    ・作品に部分的なきらめきがあっても欧米の美術史における文脈付けが弱ければ、外国に渡っていくパワーは全然不足している。

    ★西洋の評論の基盤の強さ
    ・日本文化も日本人の事もそれほど知らなかった西洋の美術評論家が、「西洋化された日本人のオリジナルコンセプト」と知るや否や猛烈に学習し、そして、むしろ日本人評論家よりはるかに鋭く分析的に批評をする。

    ★個人の歴史の蓄積をブランド化する方法
    ・今の芸術の中心はアメリカ、世界に挑戦するならアメリカで商売する基盤を考えなければならない。
    ・日本人としてのアイディンティティはあるが、外国の現場での渡世方法は「別物」
    ・白人から忌避される黄色人種である現実を知るべきだし、欧米美術界の中ではサーカスのピエロのような存在、猿回しのサル的な位置づけである事実も把握する。

    ★欧米の美術における決まり
    ・自分自身のアイディンティティを発見して、制作の動機づけにする。
    ・欧米美術史及び自国の美術史の中で、どのあたりの芸術が自分の作品と相対化させられるかをプレゼンテーションすることも重要
     →決まりを踏まえたうえで斬新なイメージを見せると優良な現代芸術が誕生。
     →決まりを踏まえなければ、ルール外の「物体」
    ・「欧米の美術の世界特有」のルールを導入して作品を発表する。自分自身のアイディンティディを調べる。
    【例】
    大衆芸術である浮世絵や漫画やアニメ・ゲームの日本美術史の中での関係を把握して、
    西洋的美術の移植に失敗した日本ならではの出来事にも言及していく。
    その上で、日本独特の文化体系を、欧米美術史の文脈に乗せる。
    という、西洋アート世界との決定的で新しい接触をすればよかった。

    ★個人の持つブランドを商品にする
    ・自分の●●年の歴史に、最近300年ほどの日本の美術の歴史の文脈を用意周到に関連付ける。

    ★交渉とは
    ・自分が得したいなら、相手も得するような提案をすべきだろう

    ■日本人の芸術が世界に通用していなかったわけ
    ・文脈の設定に対する理解不足と、人間と人間の勝負の瞬間に弱かった。

    ★作品を通して世界美術史における文脈を作り上げることは、今も世界における美術作品制作の基本であり続けている。

    ・西洋の美術の世界で、最初に認められた日本人美術家は葛飾北斎

    ★日本文化の潜在能力に自信があれば、尚更、まだまだ弱い日本人の伝達能力を身につけなりません。
    「文化の精神性を説明」などというとわかりづらくて拒否されるのではないかと、われわれ日本人は思いがちですけど、そうゆうところを徹底的に伝えることが、案外、現代の美術の世界においては大切な仕事になる。

    ★欧米のトップの美術批評家は、時代の基準をきちんと作る。
    だからこそ、芸術という非論理的なものに興味を持ち「わけのわからないものを論理で語る」ことに挑戦できる。

    ■歴史を勉強するとどんどん自由になれる。
    ・芸術の世界だけでなく、どの業界にもどの分野にも特有の文脈があり、
    「文脈の歴史の引き出しを開けたり閉めたりすること」が、価値や流行を生み出す。

    ★美術のルールを読み解く方法
    ・歴史を学ぶ。
    ・好きな作品や、好きな作家のたどってきた系譜をしっかり勉強するだけで、かなりの事が見えてくる。
    →自分の探さなければならない歴史がまずわかる。
    →わかったら実際に歴史を読み解けばいい。
    →そうすれば、美術のルールはすぐに理解できる。
    →自分のひかれているものを読み解くと、欧米の美術のルールだけと言わず、自分の動いているルールそのものも掴めるはず。

  • 著者は芸術家であり商売人であることがわかった。市場で評価される作品を作るために、欧米のアートの評価基準を知り、歴史を学んで文脈に沿って作品を制作している。ロジックを積み重ね、マーケティング的な視点を持っている。また、若手アーティストの育成もしており、仕組みづくりも行なっている。日本の有名アーティストの中でいち早くNFTに目をつけ実験していることも納得できる。

  • 正しいし、ヒカルとコラボする論理もわかった。
    だけど、やっぱりYouTuberと同じ属性な感じというか自分とは相容れない存在だと思う。オタクではあるけども。

  • 自分の仕事の見つけ方

    所蔵状況の確認はこちらから→
    https://libopac.akibi.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2000047557

全170件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947 年 岐阜県に生まれる
1992 年 博士(心理学)(筑波大学)
現在 中京大学現代社会学部 教授
専門 計量心理学


「2018年 『心理学・社会科学研究のための構造方程式モデリング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上隆の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×