芸術起業論

著者 :
  • 幻冬舎
3.75
  • (103)
  • (181)
  • (188)
  • (12)
  • (5)
本棚登録 : 1479
感想 : 176
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344011786

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・論理の重要性
     アートの本場であるアメリカの姿勢は〈謎解きゲーム〉。快感に溺れてる富裕層の目を見開かせるような新しい概念の創造が求められている。そこで論理が重要になる。歴史の文脈の理解と提示、自分の好きの根拠の究明、それを他国の言葉に翻訳すること、敵地の論理の分析。これらがあってこそ独創的な個人のアイデンティティというものが評価される。つまり作品の美的な受容は理論的な理解の上に成り立つ。

    ・金とアート
     アートは人間がすることだからまずもって金がいる。金は最強のコミュニケーションツールであり、芸術家の最後の壁。これが目的になってはいけないが、手段としてなければ評価を引き寄せられない。なぜなら現代美術は概念の遊びでありコミュニケーションなので、同じコミュニケーションである金銭がものをいうから。

    ・アーティストの心得
     歴史を学べ。自分の好きを徹底的に究明しろ。その好きを歴史に接続すれば自分が作りたいものが自ずと見えてくる。そして凡人はひたすら努力しろ、宮崎駿のように。あとは集団を作ってパトロンを獲得しろ。パトロンから独立した孤高の芸術家像は近代に特有のもので、より広範な歴史的文脈からすればパトロン+集団制作が定石。

    ・天才はマティスのみ
     本文で真の天才として示されているのはマティス。彼は芸術家が自由になるプロセスを表現しているとされる。逆にピカソなんかは腕力で描いてるから人間の限界を示しているとされる。ここら辺は感性的な説明しかなかったが、深掘りできたら面白そう。

    ・セクシュアルな存在としての花
     『侍女の物語』で「花は植物の性器だ」と言われていたことを思い出す。村上は大学受験予備校での模写でそのことに思い至り、それがあの特徴的な花のキャラクターの誕生に繋がったそうだ。

  • ブックカバーは必須だけど読みやすい。違和感のある点も勉強になる点も多くて面白かった。

  • 難しい本だ。

    村上隆が言いたいことは非常によくわかるし、説得力もある。
    難しいのは、村上隆がこの本でたくさんの隠し事をしているという点だ。

    アートが欧米では歴史的文脈に基づいた一種の商品であり、
    アーティストとして評価されるということは、
    そうした文脈と市場を把握した上で、
    ルールに則った(そのルールを如何に奇麗に壊し、新しいルールを提案するか含めた)作品を作る事だ。
    という主張は非常に説得力に富んだ、面白い視点だと思う。
    また、そうした視点を欠き、市場原理とかけ離れながら、
    大学という安全な空間でぬくぬくと身内受けだけでやっていける日本の芸術界に対する厳しい批判も、多大な有効性を持っているだろう。

    こうした身も蓋もなく、なおかつ面白い議論は僕も大好きだ。
    一方で、村上隆はこの本でたくさんの隠し事をしている。

    まず第一に、じゃあ日本人アーティストはどうすればいいの?という疑問に関する具体的な答えは無い。
    世界のアート市場の現状を把握しろ。という言葉はある。
    でも、それをどのように行えばいいのか?という具体的な答えはない。
    端々に村上の体験に基づいた提言はあるが、それらは必ずしもまとまり体系だってはおらず、
    世界のアート市場の現状を把握するメソッドに落とし込むヒントとしてこの本を読む読者にゆだねられている。
    本書が難しい書だと感じた点のひとつがここにある。
    第二に、本書はあまりにもアート作品を商品として論じすぎているように感じられる。
    後半、マティスを賞賛するあたりの文章では、村上隆自身もアートにただの商品以上の価値を感じていることが伺えるが、
    商取引における額面以上に、美術作品に関する"価値"を論じることは、
    村上隆自身も有効な論述を構築できず、誤摩化したのではないか。という印象を感じる。

    本書はアートに関して語った本のなかでも、誰にでもわかる言葉で語った相当にわかりやすい本である点で希有な物であり、
    現代において疾駆する芸術家が、自らの内に抱いた矛盾すらも内包し、読者に突きつけた、相当に面白い本であるのは確かだと思う。

  • 自伝的な作品で、

    怒りを表現

    という感じ。あんまり面白くなかった。

  • 芸術の世界は研究にも通ずるように思う。

  • ストーリーを持ったマーケティング

  • 2024/16

  • 現代アートの売り方について著者の考えとどのように実践してきたかが書かれている。

    芸術は文脈や作者のアイデンティティとの関連を説明できなくては物体に過ぎない。


    村上隆についてはオタクカルチャー的作品を作る人、くらいの認識しか無かったので知らない側面を知ることができた。
    実は日本画出身だとか36歳まで貧乏していたとか

    表紙が著者の顔写真のドアップなので部屋に置いておくと存在感がある…

  • 我が座右の書です。
    私は本書を読んで、美術制作を始めたようなものです。
    美術に興味がある方は必読でしょう。

全176件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北海道大学スラブ研究センター教授。1942年長野県生まれ。
上智大学外国語学部ロシア語科卒業。(社)ソ連東欧貿易会ソ連東欧経済研究所調査部長を経て,1994年4月から現職。2000年4月から2002年3月までスラブ研究センター長。
専門分野は旧ソ連のエネルギー経済,ロシア極東経済,日ロ経済関係。
著書・論文には,『めざめるソ連極東』〈共著〉(日本経済評論社,1991年),『ソ連崩壊・どうなるエネルギー戦略』〈共著〉(PHP研究所,1992年),「ロシア石油・天然ガス輸出市場の形成」西村可明編著『旧ソ連・東欧における国際経済関係の新展開』(日本評論社,2000年),「サハリン大陸棚石油・ガス開発にともなう環境問題」(『ロシア研究』日本国際問題研究所,2001年),『サハリン大陸棚石油・ガス開発と環境保全』〈編著〉(北海道大学図書刊行会,2003年)など多数。

「2004年 『北樺太石油コンセッション 1925-1944』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トフラー
A.トフラー
デールカーネギ...
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×