下北サンデーズ

著者 : 石田衣良
  • 幻冬舎 (2006年7月発売)
3.18
  • (27)
  • (74)
  • (236)
  • (42)
  • (9)
  • 627人登録
  • 137レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344012066

下北サンデーズの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 下北沢は演劇の街。その下北沢が舞台。
    小さな劇団員がアイドルになっていく様は、小説ならではの世界かもしれない。
    でも、案外アイドルって、自分の考えるような足取りではなく、流れるようにそこに到達していくのかもしれない。
    本当に好きなことは、貫ける強さがあれば、夢に近づくことができるのかもしれない。

  • 石田衣良さんの本が読みたくなり、選んだのがコレ。
    考えなくてサラッと読みたかったから。

    昔ドラマもあって見たかったのに見れなかったという理由もあり。
    劇団の話で面白かった~
    とんとん拍子に行っちゃうんだけど、
    いろんな人間模様もあって、でもみんな一致団結してて。
    最後は想像通り。本だから許すって感じ。

  • 分かりやすくて読みやすい。下北の劇団員。

  • 下北沢の劇団サクセスストーリー。うまく行きすぎている。

  • この本、書きたくて書いたのかな?なんか仕事感がひしひしと伝わってくる、小手先感がちょっとあざとい。

    なんど味のしない食事してんねん!

    でもやっぱ、石田衣良の小説はやっぱ面白いや。良くも悪くも、スナック感・ファストフード感は否めないが。
    重い本に疲れたときに丁度良い。

  • 石田衣良さんの小説を初めて読んだ。
    この作品は小劇場の劇団が舞台で、作り込みというか、作中劇や演技のノウハウなどへの突っ込み具合は弱い気がしたが、小劇場の人々というテーマできちんとエンターテイメントが成立していた。
    舞台設定が幅広い印象をもっていたが、状況をうまく組み立てるのが上手なんだろうなと思った。
    小劇場好きが加速していく。

  • 久々に 石田さんの作品読みました。
    面白かったな。

  • 何でもかんでも上手く成功していく感じに違和感がある。

  • 大人たちの少し遅い青春。
    石田衣良っぽいな。

  • 止まらず読めるくらいおもしろい。
    情景が浮かびやすい。

    天性の美少女ゆいかは公園の前説を契機に劇団下北
    サンデーズに入団する。彼女が運を連れ込んだように
    下北サンデーズは急成長するが、別の危機が生じる。
    八神誠一はついに自殺未遂。いったいどうなるのか?

全137件中 1 - 10件を表示

下北サンデーズのその他の作品

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劇団ひとり
奥田 英朗
東野 圭吾
石田 衣良
石田 衣良
石田 衣良
奥田 英朗
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

下北サンデーズを本棚に登録しているひと

ツイートする