氷の華

著者 :
  • 幻冬舎
3.59
  • (15)
  • (28)
  • (38)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 137
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344013018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プライド高い女は面白い。

  • 専業主婦の恭子は、夫の子供を身篭ったという不倫相手を毒殺する。
    だが、何日過ぎても被害者が妊娠していたという事実は報道されない。
    殺したのは本当に夫の愛人だったのか。
    嵌められたのではないかと疑心暗鬼になる恭子は、自らが殺めた女の正体を探り始める。
    そして、彼女を執拗に追うベテラン刑事・戸田との壮絶な闘いが始まる。
    (アマゾンより引用)

    頭はいいかもしれんけど、犯人の女の人、イヤな女やなぁ…

  • 烙印に引き続き2冊目。こちらがデビュー作。
    全く知らない作家さんだったのに、ぐいぐい引き込まれていく。
    初めに殺人が起こり、犯人もわかっている、
    事件に向かって、刑事の地道な捜査が進められ、真相が次第に明らかにされ、事件は解決したかに見える。
    こういう手法は割と好きだ。
    モヤモヤ感がなく、次第に解き明かされる事実に納得しながら読み進められる。
    それにしてはまだまだページ数が残っている。
    過去の恨み、巧妙に仕組まれた罠、罠に嵌められても図太く這い上がる主人公、恭子。
    恭子、同情も共感もできない嫌な女性だけれど、なぜか読みながら応援している。
    完全犯罪で恭子の勝ち、で終わってほしかった。
    しつこい刑事に負けてしまった。

  • H28/12/27

  • 練馬区桜台6丁目×番×号、グリーンハイツ205号室で発生した関口真弓毒殺事件。犯人を追う戸田警部補の眼差しは、いつしか彼女の上司である営業部長に注がれるが…。サスペンスが踊る本格推理小説。

  • この作品がデビュー作ということに驚きました

    もっと単純な作品なのかと思いきや、面白かったです!
    主人公の瀬野恭子さんは美貌、お金、ご主人、誰もが羨む一流の豊かな生活をしているのですが、一つだけどうしようもできない事が有りました、不妊症。
    彼女が触れられたくない事実を利用した殺人事件です

    恭子さんの気の強さに驚きます

    こんな気持ちで暮らしていたり、こんな気持ちの人が回りにいたら切ないし、恐い!

  • 二時間ドラマみたいでした。

  • 罠に嵌められる! この小説は最初からいきなり犯人が分る形で始まりながら、隠された別の謎が徐々に明らかになってくるという実にドラマティックな本でした。そしていろいろなところにその伏線が隠されていてそれが徐々に一つの絵に結ばれていくという構成が素晴らしいものでした。美貌と知性を兼ね備えた魅力的でプライドが高い有閑マダム・恭子の心理を見事に描いているように思います。最初から間違いなく殺人者として描かれながらも、恭子の姿が大変魅力的です。そして最後はあっと驚く二転三転のどんでん返しで飽かせません。そんな彼女をベテラン刑事が執拗(しつよう)に追う追及の動きも興味深く、恭子の警察との攻防、また恭子自身による事件の真相の追及がスリリングに描かれる。

  • 結構面白かった。
    あと二転三転すれば、更に
    私の好みやけど。

  • 悪女者としたら意外とキャラの薄い主人公…

    というかサブキャラが衝動的な殺意を頼みに
    そこまで綿密な小細工するって言うのが既にありえなすぎる。

全41件中 1 - 10件を表示

氷の華のその他の作品

氷の華 単行本 氷の華 天野節子

天野節子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
雫井 脩介
角田 光代
湊 かなえ
三浦 しをん
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
桐野 夏生
貴志 祐介
東野 圭吾
桜庭 一樹
東野 圭吾
東野 圭吾
吉田 修一
湊 かなえ
村上 春樹
夏川 草介
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする