前田建設ファンタジー営業部 Neo

  • 幻冬舎 (2007年7月発売)
3.56
  • (5)
  • (12)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :77
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344013490

作品紹介

「銀河鉄道999」高架橋一式(メガロポリス中央ステーション銀河超特急発着用)予算37億円(土地代を除く)工期3年3ヵ月で引き受けます-TVやマンガに出てくる空想上の構造物を実際に設計して見積もりまで出してみようというプロジェクトが完了するまで。

前田建設ファンタジー営業部 Neoの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 銀河鉄道999を建設するという話。

  • 2007-07-17

    前田建設ファンタジー営業部

    http://www.maeda.co.jp/fantasy/

    っていうのが朝日新聞の記事で載っていたんですが,

    なかなか熱い.
    なんでも,銀河鉄道999の発車レールの建設費用を真面目に見積もりしたり,

    マジンガーZの秘密基地の施工費用を真面目に計算したりしてるらしい.

    ちなみにマジンガーZが隠してあるプールみたいなところと,その地下基地をつくるのは72億円くらいだそうだ.

    ちなみに,マジンガーZはついてきません.



    こういうの,空想科学読本が昔はやったけど,

    真面目にゼネコンが計算して,しかも

    「誰かが本気で発注してくれたら何時でも作ります!」

    と,言っておられるらしいのが,いいかんじ.



    なんか熱いネ!オトコギダネ!

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】778.77||M【資料ID】91071694

  • 前田建設ファンタジー営業部第2段。こんどは銀河鉄道。

  •  マジンガーZに続く第2弾、いまだ古い部類に入るアニメだが一応名作としてとらえられている。選択としては有りだろう。

     建築としての流れを追っているわけだが今回より前回の方が良かったような気がする。いろいろと慣れたせいかインパクトに欠けてしまうところが残念。

     間違いさがし、今回もキャラクターアイコン一か所だけ名前と絵が違っていた。一か所これは前回も一か所だったのでわざとか?

  • ゼネコンの前田建設の皆さんが本気でアニメの世界の構造物を実際に設計して見積もりまで出してしまう企画本の第2弾です。
    図書館で借りたので、まだ第一弾は読んでません。
    この本では銀河鉄道999の地球発着用高架橋の見積もりを出してました。工期3年3ヶ月、予算37億円(土地代除く)だそうです。
    この本の面白いところは、見積もりのルールとして、1.現実にある材料を使って造る、2.建設機械も現実にあるものを使う、としているところで、それがリアリティをもたせていますし、全然知らない建設業の知識に触れられるきっかけになります。
    第一弾のマジンガーZの巨大格納庫編、最近出た第三弾の機動戦士ガンダムのジャブローの巨大基地編も是非読んでみたいところです。

  • 銀河鉄道999をネタに、建設・土木について学ぶことができる。
    風による振動やレールの磨耗など、建設に関する知識が増えた。

  • 20110521読了

  • 〈読了日:2010.1〉
    〈所在:図書館(037200700730)〉

  • プロジェクトXより熱い人達を見つけてしまった。

    技術者の魂がすごい。

    地底特急、海上都市の建設は考えるだけでも楽しい。

    この本いつでも貸しますんで!

全18件中 1 - 10件を表示

前田建設工業の作品

前田建設ファンタジー営業部 Neoに関連する談話室の質問

前田建設ファンタジー営業部 Neoはこんな本です

ツイートする