父の哲学

著者 :
  • 幻冬舎
3.45
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344014756

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主に男の子の育て方に言及しています。
    渡部氏特有の、史実に例を求めたり、過去の偉人に学ぶところなどはさすがの知識量で、日本人の歴史をまなびつつ現代の子育てに生かすという視点が参考になります。
    戦後のGHQ以降父権の喪失が起こっていることにおおよその内容が集中してかかれており、戦前の良き日本人の美徳について学ぼうという内容が現代においては新しい発想に感じられます。現代の家庭崩壊や育児放棄などの原因について、戦前の知恵に学ぶべきというところは大いに共感しました。私自身は母親で、娘という環境で子育て中ですが、男性の育児観というか、父親観について知識を得られたのが有意義でした。
    欧米式でない民族特有の美徳と子育てについて考えさせられました。

  • Kodama's review
    二人の娘を持つ父親として、教わることがたくさんあった1冊でありました。最終的には武士道精神なるものが、教育の根底に存在し、その精神が息づいた教育が素晴らしい哲学を生んでいくものと感じました。
    (08.6.6)
    お勧め度
    ★★★☆☆

  • 父親のあり方について参考になった

  • 自分が二人の息子なので思わずクリックして買ってしまいました。
    精神論ではなく、まずは「形」からという考え方が、自分にも取り入れやすく
    あらためて渡部先生のお考えの深さに尊敬の思いです。
    どこまで実践できるかわかりませんが、心に留めて生きたいと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

昭和5(1930)年10月15日、山形県生まれ。上智大学大学院修士課程修了。独・ミュンスター大学、英・オックスフォード大学留学。Dr.phil.(1958), Dr.phil.h.c.(1994)。上智大学教授を経て、上智大学名誉教授。その間、フルブライト教授としてアメリカの4州6大学で講義。専門の英語学のみならず幅広い評論活動を展開する。昭和51年第24回エッセイストクラブ賞受賞。昭和60年第1回正論大賞受賞。平成29(2017)年4月17日逝去。享年86。

「2018年 『平成後を生きる日本人へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡部昇一の作品

ツイートする