うしろにいるのだあれ―うみのなかまたち

著者 : accototo
  • 幻冬舎 (2008年5月1日発売)
4.21
  • (12)
  • (11)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :102
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344014978

うしろにいるのだあれ―うみのなかまたちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 海の生き物が言えるようになったので何の動物なのか教えてくれます

  • 夏はやっぱりうみのなかまたちが読みたくなります。イルカからはじまり、続いていくのは同シリーズと同じパターンですが、クジラの登場で驚きが!

  • 図書館。2歳11ヶ月の子供に読む。楽しそうでした。このシリーズは絵がかわいい。

  • とびうおさんやまんぼうさんはおさかなさんと違うのか?

    1,2年生の読み聞かせまでぐらいなら使えそうです。
    でも、やっぱり、「おさかなさん」で引っかかりそうだなあ。
    それまで「かにさん」「たこさん」「くじらさん」と固有の名前で来てたのに、いきなり全体の名前だから…。

  • カニさんのページで、親指と人差し指を合わせてチョキチョキ!
    ラッコの手をみて最初わんわんと言っていた。。1歳2ヶ月。

  • ムスコが だーいすきで たっくさん読みました!

  • 2歳1ヶ月の娘のために2011年9月に図書館で借りた本。
    とても気に入っていて「○○のうしろにいるのだあれ?」の答えを言うのが楽しいようです。この本でかもめ、アザラシ、まんぼうを覚えました。

  • 自分の後ろにいる人、そのまた後ろにいる人、その下にいる人…と皆、どっかで繋がっているものだと思います。そして、それが繋がって最後にたどり着くのは…?と、相対的な位置を楽しむ絵本、最後に、全体図も載っています。

  • 大好きな絵本のひとつ。
    次のページをめくるのが楽しそう!!

  • うしろにいるのだあれ?の
    海の仲間たち編です。

    最初に比べると
    名前を判別するのが
    少々難しいようです。

    作者は
    「一人だと思っても
    周りを見回せば
    みんないるんだよ」
    というメッセージを
    この絵本に込めている
    素敵な本です。

全11件中 1 - 10件を表示

accototoの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かがくい ひろし
三浦 太郎
馬場 のぼる
A.トルストイ
酒井 駒子
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

うしろにいるのだあれ―うみのなかまたちに関連する談話室の質問

ツイートする