あなたをお金持ちにする魔法の場所―熱海に住んで週末は銀座で過ごす 月に一度は北海道

著者 :
  • 幻冬舎
3.64
  • (5)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 43
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344015258

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私は、千葉ニューと長野ともう一つはどこにしょうかな、、

  • キーワード:ネオテニー

  • 熱海が自宅、ウイークデイは朝の海岸でウオーキングの後に執筆などの仕事、目の前のハーバーにヨットを繋留し打ち合わせで来たお客様を北海道で仕留めた鹿や熊のジビエ料理でもてなす。ちょっとクルマで出かけて趣味のカメラで冨士山を撮影。
    週末は銀座に出て、多くの情報に触れ刺激を得る。夜には一流処でディナーの後、クラブで一流のホステスと知的会話を交わし銀座のタワーマンションで夜景を楽しむ。
    月に一度は北海道のログハウスで、たっぷりの自然の中に身を置き、暖炉の前で思考の整理をする。
    すごいなあ!!75歳を過ぎてから北海度に別宅を持つというアクティブさには驚嘆します。
    ステップアップには、ふさわしい環境を作っていこうではないか、それがお金もちになるための秘訣だよという論。セレブは大変、お金持ちになるには人生に積極的な人でないと無理ということです。それは当たり前だね。
    でも人間には想像力という能力もある。自分の居場所は固定していても飛ばせるイメージの力もあるぞ・・というのは貧乏人の卑屈な言い訳でしょうかね。
    しかし、生涯ネオテニー(子どもの遊びこころ)を忘れず、実践していこうとする意欲は、見習いたい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1932年、北海道北見市生まれ。東京農業大学、早稲田大学卒業。東京農業大学大学院博士後期課程終了。医学博士、農学博士。外資系企業の医療機器メーカー役員を経て、作家、栄養生化学者、健康科学者として活躍。長年にわたって抗老化(アンチエイジング)、心と体の制御関係について研究をすすめ、科学から捉えた人生100年時代の生き方論を提唱した。特に、大脳・自律神経系と人間の行動・言葉の関連性から導き出して提唱していた「口ぐせ理論」が話題を呼ぶ。全国各地で講演した「口ぐせ理論実践塾」セミナーは絶大な人気を誇り、全国で多数のファンを動員した。2012年没。

「2017年 『口ぐせ博士が教える 幸福をつかまえる考え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤富雄の作品

ツイートする