黒の狩人 下 (2)

著者 :
  • 幻冬舎
3.65
  • (14)
  • (24)
  • (38)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 177
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344015609

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少し物足りなさもあったが、楽しんで読み終わった。シリーズの他作品も読もうと思う。

  • 狩人シリーズの佐江刑事が、スパイ的な役割を演じながら、中国諜報機関、中国マフィア、台湾マフィア、新宿暴力団などと関わっていく辺りの関係が複雑でした。思ってもいない展開にわくわくしながら読みました。

  • よかったあ。ようやくよみおえてた。期限切れでノベルス版を返却してから数ヶ月。佐江と毛の相互信頼の固さ。とにかくすばらしい。

  • 面白かったです。

    でも。相変わらず名前が覚えきれない・・・

    佐江と毛はいいコンビになると思ったのに、これっきりなんだろうか?
    ちょっと残念・・・

  • 佐江刑事のセリフかっこ良くて何回もシビれた。
    毛さんもいい。
    最後せつない。せめて最後に一回会ってほしかったな。

    登場人物多くて、中国人の名前も覚えにくいのがちょっと。
    自分の頭が悪いのか。

    面白いんだけど水森と由紀がなんでああなったのかとか、
    由紀と「亮光」もなんでお互い信頼できると思ってたのかとか、
    唐沢の動機とか、
    もうちょっと掘り下げてほしいので満点ではない。
    そう考えるとやっぱり高村薫はすごいな。

    映像化してほしい。佐江は誰が適役だろう。

  • 中国諜報機関、中国マフィア、台湾マフィア、蛇頭、新宿暴力団、警察庁公安部、外務省、新宿署刑事

  • 図書館で予約していたため、上巻を読んでから数週間空いてしまったが、上下ぶっ通しで読みたかった。

  • おもしろかった。
    北の狩人、砂の狩人の佐江刑事が登場。
    新宿組対・佐江。
    宋忠民ソンツオンミン:毛マオと組み公安の仕事を手がける。
    外務省・野瀬由紀は公安部警部補・水森と
    愛人関係でもあり、情報源でもある。
    麻布の由紀のパイプ“亮光”リャンガン。
    バラバラに起きた殺人事件を発端に中国安全部もからむ。
    公安・安全部と中国とのかけひきがおもしろい。
    人間関係や名前など書き出さないとわからないくらい複雑に絡みあっている。

    2009/3/5

  • 娯楽性とリアリティの問題と思うがもう一押し欲しい。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年、名古屋市生まれ。79年『感傷の街角』で小説推理新人賞を受賞しデビュー。代表作に『新宿鮫』(吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編部門)、『無間人形 新宿鮫IV』(直木賞)、『パンドラ・アイランド』(柴田錬三郎賞)、『海と月の迷路』(吉川英治文学賞)、近著に『覆面作家』『俺はエージェント』『爆身』など。

「2018年 『ニッポン泥棒(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大沢在昌の作品

ツイートする