Tokyo Dream

著者 :
  • 幻冬舎
4.18
  • (27)
  • (7)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 122
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344015753

作品紹介・あらすじ

信じ続けているだけで夢が叶うほど、現実はやさしくなんかない。著者は"夢見る現実主義者"となり、東京で、旅を続けた。人気若手作家、LiLyが夢を叶えるまでの7年間を綴った渾身の書き下ろし。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 共感出来る事がたくさんあって面白かった。

  • 自分の夢をどのようにして叶えたか、参考になる本です。LiLyの同世代の女性には是非読んで欲しい。男でも、女の考えが解るので参考にしてみたらいいと思う。

  • もう一度読みたい

  • 現代を生きる全ての若い女性に是非読んでもらいたい。夢に向かって努力するとはどういうことか。必死に生きるとはどういうことか。衣食住に困っていなくても、人はそれぞれの環境で、それぞれの事情で辛い思いをし、時には悲しくなり、そして喜びを得る。著者のひたむきな姿に、読者も自分の姿を重ね、今日一日を、明日へ繋がる第一歩として生きたいと思うだろう。

  • Lilyさまさま!!!
    大好き!!
    立ち上がり続けりゃ勝つんだよ

  • 信じ続けているだけで夢が叶うほど、現実はやさしくなんかない。著者は“夢見る現実主義者”となり、東京で、旅を続けた。人気若手作家、LiLyが夢を叶えるまでの7年間を綴った渾身の書き下ろし。

    ---LiLyさんの本が面白そうだったので7冊ほど立て続けに読みました。
    が、最後にこの本を読んで納得したのですが、クラブに通ったり、DJとつきあっていたり、タバコ吸ったり、キャバ嬢やっていたり、と、その人生は否定をしませんが、外泊もタバコも許されなかった私とは世界観が違うなあと思いました。夢にむかっての努力はすごいと思うのですが、結局「私の話を聞いてほしい」という彼女の独壇場に巻き込まれた感が否めず、また自身の成功の軌跡を日記形式に語ったこの本は単なる自慢でしかないように感じました。
    ただ、彼女の他の本を読んでいて、でてくる男性がみな、不誠実で、読んだことを後悔するほどにとても失望してしまうのですが、住んでいる世界が違うということで最後に少し安心ができました。 おもしろかった本もあるのですが、やはり彼女とはどうも方向性が合いませんでした。

  • Lilyの生き方が好きです。

  • 同じ年くらいの人が、どうやって夢を掴んだか、東京で夢をかなえるまでのストーリー。
    まるでsex and the cityのキャリーみたい。
    平凡な人生からの脱出法のヒントがここにはある。

  • 信じ続けているだけで夢が叶うほど
    現実はやさしくなんかない。

    Lilyの生き方とか
    考え方とか
    凄く好きです。

  • 挑戦して成功して挫折して……の繰り返しの人生。夢なんてそんなに簡単につかめるもんじゃねー。でも、掴もうとしないと掴めない。20代の女子は読んでほしい一冊。

全21件中 1 - 10件を表示

LiLyの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Tokyo Dreamを本棚に登録しているひと

ツイートする