母ひとり、娘(こ)ひとり

著者 : 大沢あかね
  • 幻冬舎 (2009年2月発売)
3.33
  • (2)
  • (2)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344016200

作品紹介

笑いと涙の半生を素直に綴った、親子愛あふれる永遠の物語。

母ひとり、娘(こ)ひとりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お母さんと2人で生きてきた女の強さ、ザ・大阪って感じの温かい人間模様がいい。著者の素直さやひたむきさは、きっとお母さん譲りなんだろうな。
    最終章の彼(旦那さま)とのエピソードは微笑ましくて、最後の最後はぐっときてしまった。

  • テレビをあまり見ないこともあって、大沢あかねが誰なのかもはっきりしなかったが、こないだ「インタビューズ」の読書会うち合わせのときに、大阪出身の人の話になって、この本のこともチラと出たので、借りてきて読んでみた。

    「お父さんな、銭湯行ったまんま帰って来ぉへんねん」

    二歳の冬、公団の団地の狭い風呂場で、ボカスカと大喧嘩をしていた両親の姿が、大沢あかねの最初の記憶だという。その翌朝から、父は銭湯に行きっぱなし。離婚という言葉を知るのはずっと後のこと。「お父さんは本当はどこに行ったんやろう?」と子どもながらにぐるぐる考えていたものの、お父さんの話題はタブーであると感じてもいたあかね。

    …読みはじめた最初は、小説やと思いこんでいたが、著者の名前と登場人物が同じなので、これは自伝的小説ってやつかと思いながら途中まで読んで、ふと図書館のラベルを見たら778.2。芸術?映画?ともかくフィクションではないのだった。

    「母ひとり娘ひとり、生きていくためには手っとり早く水商売」、その母の仕事場へ、チビッコのあかねも一緒に出かけていた。

    そして、北島三郎にあこがれて入った芸能界。大沢あかねは「天才てれびくんワイド」という番組と雑誌「ピチレモン」のモデルで知られているらしい。

    子どものあかねは、ギャラのことは全部母にまかせていて、どれくらいの実入りがあるかしかとは知らなかったそうだが、「ピチレモン」のモデルをしていた頃は、母と一緒に新幹線で大阪から往復する交通費がかさみ、しかも人気が出て掲載ページが増えるほど撮影のために何度も上京せざるをえず、人気が出れば出るほどお金がなくなっていく状態で、それは切なかったと書いている。

    安いホテルに泊まったりもしたが、いくら節約しても、毎月のホテル宿泊費が都内の一ヶ月分の家賃を超えるようになってきて、あかねと母は何度も話し合った結果、東京へ出ることにした。

    ずっと住んできた公団の団地を出るときの心をあかねが書いている。

    ▼「ここへはもう戻ってきたくないなぁ」
     もし戻ってきても、近所の人たちはきっと温かく迎えてくれることだろう。千島団地はそういうところだ。みんなで肩を寄せ合って生きているわけでもなければ、湿っぽい連帯感があるわけでもないのに、人々はちゃんとつながっていた。
     でも、私にとって戻ることは、たぶん負けることに等しい。だから、ドアを閉めたら、二度とここに帰ってくるわけにはいかないのだ。(pp.117-118)

    母ひとり娘ひとりで生きてきた23までのことを書いた最後に、あかねはこう書く。
     
    ▼夜のミナミを手をつないで歩いていた頃から今まで、幸せはずっと私たち親子が目指してきたゴールだった。
     お母さんと私の人生はぬるくなかった。
     苦労したとは言いたくないけど、母ひとり娘ひとりで生きるのは、なんだかんだと大変だった。
     強く生きなければならなかったからこそ、同情も、傷のなめ合いもしなかった。
     こんな親子関係は、世間一般から見れば少しおかしいのかもしれない。でも、私たちには、これが一番心地いいのだ。(p.217)

    もし自分が、親との関係ふくめて、これまでのことを書くとしたら、どんなんなるかなーと思ったりもしながら読んだ。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4344016203
    ── 大沢 あかね《母ひとり、娘(こ)ひとり 20090204 幻冬舎》自叙伝
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20100202
     大澤家の人々 ~ 同日誕生のふたり ~
     

  • 【No.216】大沢あかねさんのエッセイ本。 けっこう苦労してるみたい。劇団ひとりと幸せになってほしい。

  • きゅんっとなっちゃう。
    自分と重ねちゃうからかな。

    詳しくはブログにかきました。

  • 話題になってたから思わずとってしまった本。ブクカフェで一気によんだよね。
    これも母子家庭の話で、どんな風にして芸能界で生き残ったか、てことなんだけど。
    でもところどころお母さんの愛にあふれてるエピソードばっかで、
    その愛にこたえてる大沢あかねの言葉に思わず最後涙してしまいました。
    シングルだからってぐれたりするわけじゃなく、
    その人が確かに愛されていれば、心がまっすぐにそだつんだろうな。

全7件中 1 - 7件を表示

大沢あかねの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする