超凡思考

  • 幻冬舎
3.33
  • (13)
  • (46)
  • (72)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 399
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344016231

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビジネス

  • 032・どれほど自分の不安や恐れと正直に向き合えるか
    130・いつ(絶妙のタイミングで)、どのように(具体的に)、誰の力を借りるか(分野ごとに信頼できる人)
    158・プレゼン肝1・相手が知りたいことに沿って話を組み立てているか
    160・プレゼン肝2・リスクを相手に説明しているか
    163・プレゼン肝3・いちばんの核心から話を始める
    180・相手や状況に合わせて、自分がどの役割を演じるべきなのかを意識する(学者(正確で専門的な知識や情報)・易者(将来を見通し明るい将来を語る)・医者(悩みに対し解決の糸口を与え治す)・役者(人に勇気を与える)・芸者(笑いやユーモアを提供する)・父母(厳しさと優しさを兼ね備え、ときに叱り諭す))
    167・10のうち2伝われば十分
    168・相手の記憶に残すためにはとにかく繰り返すこと、だいじなところはとりわけスピードを落としてゆっくり話す
    211・その時点の世俗的な評価と、自分のやっていることが一致する必要ない
    212・誰かを目指すよりも、自分にとって何が重要であるかを知ることのほうがずっと大切
    215・人間なんてほとんどがどんぐりの背比べ、それほど突出して能力の高い人なんてそれほど多くありません。そのなかで自分が置かれている状況をどれだけ幸運と思えるかです。自分を客観視できるか、足るを知ってるかがキーだと思います。

  • 超凡とは、平凡を積み重ねて非凡に到達した様。らしいのだが、著者二人とも、東大法学部卒で、しかも在学中に司法試験をパスと聞けば、なにが平凡だと、ちょっとジェラシー。とは言え、ビジネスの心得について言及した内容はしっかりしてます。

  • 図書館
    挫折

  • いくつか参考とすべき点があった。

    ・目標設定をしたらすぐやる(P52)
    ・とにかく続ける。時間を十分に使う。やり続ける人が一番強い(P57)
    ・読書は時間を増やす。隙間時間を有効活用する(P100)
    ・視野が狭くなったら、関心の幅を広げる。複合的に情報を蓄積する(P124)

  • さらさらと。

  • 項目ごとにまとめられ、著者の経験談も含めて書かれており読みやすかった。
    また、法学部であったため伊藤氏やリーガルマインドはすんなり自分の中で落とし込めた。
    伝える技術は納得の内容でありテクニックを使っていきたいと思う。

  • リーガルマインドという考え方に感動した。それから普段何気無くアタマの中を通り過ぎては消えてゆく思い、考え、これを常に意識することで生き方=考え方が変わると思わされた。著者のTV対談を見て彼の本を読んでみたくなったのだが、読んで正解だった。ビジネスをしているわけでも働くわけでもないけれど、他愛なく消費されていく毎日が意味のあるものに変わる、そんな気持ちになれた一冊。なぜだか勇気が湧いてくる。生きることが楽しくなる、スイッチが入った感じ。

  • 岩瀬 大輔×伊藤 真コンビの本、すぐ読めた。
    準備の大切さと大局的な見方が大切。

全63件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ライフネット生命社長兼COO

「2014年 『楽しい仕事はない。だから楽しくやる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

超凡思考のその他の作品

超凡思考 Kindle版 超凡思考 岩瀬大輔
超凡思考 (幻冬舎文庫) 文庫 超凡思考 (幻冬舎文庫) 岩瀬大輔

岩瀬大輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

超凡思考を本棚に登録しているひと

ツイートする