レッド・デッド・ライン

著者 : 吉来駿作
  • 幻冬舎 (2009年2月1日発売)
3.07
  • (1)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (2)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344016330

作品紹介

「修平君が頼み事を聞いてくれるなら、服、脱いでも良いよ」大学の同級生、美鈴の頼み事は、香港旅行に一緒に行って欲しい、というものだった。好きな女の子からの誘いなのに気持ちが複雑なのは、彼女には、難病を抱えた恋人がいるから。「香港に、どんな不治の病でも治せる人がいるの」-。香港郊外の古い家の地下室で行われる秘密の儀式。集められた4人が暗闇で体に結びつけた赤い糸には、何の意味があったのか?そして、"誰にも言ってはいけない"と言われたこの儀式のことを、誰かが話してしまったとき、死へのカウントダウンが始まった…。

レッド・デッド・ラインの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ほんと、不思議な魅力に溢れた作家さん……
    上手いわけではないけど^^;
    この話も、「ここから丁寧に描写すべきでしょ!!」てところが全部ぶっ飛ばされて、いきなり佳境ww
    さすがに、このテイストが続くとツラい。ほかの作品はどうなのだろう……

  • 2009年読了。

  • 台湾のある家で、4人が赤い糸を結ぶだけで不治の病を持つ人が治る。誰にも他言しないことが条件。
    他言すると、4人が死んでしまう
    …といういかにもホラーっぽいストーリー。装丁も怖そうだったけど、赤い糸が絡んでいるからか恋愛小説っぽく読めて、怖くはなかった。

  • ホラーだね。でも結構楽しく読みました。ラストはドキドキしたよー

  • どこかで読んだことある感ハンパない。

  • 赤い糸で結ばれているというと、とてもロマンティックなイメージなのだが、ここでの赤い糸は、それは死へと繋がる恐ろしい赤黒い糸なのだ。
    糸を断ち切るために、自分の体の一部を切り落とすなんて、あまりにも狂気じみている。
    好きな人を助けるために香港に渡ったはずが、おかしな展開へとなっているし、むちゃくちゃな気がする。
    最後は形としてはハッピーエンドなのだが、素直に良かったと思えないのが残念だ。

  • ロマンチックな赤い糸の物語……ではありません。同じく切っても切れない赤い糸の物語ではあるけれど、実に恐ろしいホラーです。じわじわと追い詰められていく雰囲気が嫌だなあ。
    あの者たちが何者なのかは分からないけれど、巧妙なやり口。これはたしかな手段かも。そして一番恐ろしいのはあの人の心でした。酷すぎます。
    と、かなりおぞましいホラーながら。主人公のややとぼけたキャラがけっこう和みました。エッフェル塔に赤い糸、はかなりの笑いどころ。そりゃ切れるわっ!

  • 1時間かからず読めた。ページ数の割には内容が?ストーリー展開はまあまあ。ちゃんとオチもつくし。でも、もうふたひねりぐらいしてほしいなー

  • 序盤はだらだらとした展開で読み進めるのが苦痛だったのですが、主人公たちが元朗に到着してからは、ペースが一気にアップ。元朗の家の中での出来事にはゾクゾクさせられたし、ドロッとした怖さも味わえました。

    ただ、物語全体、そしてひとつひとつの事柄の先が読めてしまったのが残念。その辺りをもう少し巧く描けていれば、と思いました。それと、ラストがやけにあっさりとしたハッピーエンドだった点も残念かな。もっと意味深だったり、絶望的でも良かったかも。

  • 基本ホラーなんですが、ファンタジーなので何とか頑張った。(ホラーちょう苦手)
    誰にも言ってはいけない、言ったら命を貰う。よくあるテーマですが、ちょっと鳥肌たった。オチはわかってしまうのに雰囲気がすごく怖い。
    テーマは「赤い糸」。見えないのに赤いって本当なんでだろうね。

全11件中 1 - 10件を表示

吉来駿作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

レッド・デッド・ラインはこんな本です

ツイートする