エリーの部屋 うさぎ篇

著者 :
  • 幻冬舎
2.97
  • (3)
  • (4)
  • (17)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 80
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344016750

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • めっちゃおもしろかった。
    エリーさん素敵やなあ。
    特に、青木さやかさんとの対談がおもしろかった。
    あっという間に読めてしまう。
    もっともっと対談集出してほしくなってしまうくらい。

  • あんまりゲストの話が引き出せてない様な。ラジオで聴くとまた違うんだろうな。

  • 著者の事はタモリ倶楽部でしか見たことがなかったので読んでみました。
    東大→電通だと知り、ちょっと驚きです。
    ①小出恵介の日常②おすぎが○ッ○○○○○だった
    という情報が得られて、まずまず満足です。

  • 仲の良い人との対談ということで内輪の雰囲気が良かった。青木さん、小出くんとの対談面白かったです。

  • 小出恵介が普通すぎて面白かった。

  • たぶん,文字だからおもしろさが半減しているのかなぁと感じた。

  • 対談が下手とかではないと思うのですが。。。

  • 板尾創路とピエール瀧の対談が面白かった。割と私は読みやすくて大宮エリーってどんな人だろう?って思っていたから読んでみてやっぱり変わってるなァ、面白いなァと思った。

  • ラジオ対談集。ラジオは一度も聞いていませんが、本のゲストがツボで読む。エリーさんの個性+ゲストの独特なトークが良いです。

    ええと。おすぎさん、好きなんですよ。北海道の某所で開催されていた、ワインと映画の会に昔よく行っていたんで。

  • ラジオ対談をまとめたもの。
    聞いたほうが面白いのかもしれない。
    生きるコントのほうがよかった。

全17件中 1 - 10件を表示

大宮エリーの作品

ツイートする