成功の法則92ヶ条

著者 :
  • 幻冬舎
3.56
  • (49)
  • (112)
  • (123)
  • (22)
  • (7)
本棚登録 : 860
レビュー : 103
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344016897

作品紹介・あらすじ

不況下でも過去最高益を出し続ける秘訣とは?流通総額1兆円の楽天グループを築き、30を超えるビジネス集団を率いる著者が、ビジネス哲学を徹底伝授。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 楽天三木谷社長のビジネス論。


    92項目に細分化されていて非常に読みやすかった。

    大切にしていることが

    ・数値化
    ・改善⇒仕組化
    ・戦略思考

    ビジネスのリアルなところ、本質をついた考え方だと思う。
    難しいことは言わないけど、実行するのは根気がいる。
    といった感じ。


    印象に残ったコメント。

    ・小さくてもいいから成功を積み重ねること。

    一度立てた目標は必ず達成するクセをつける。
    目標は具体的に、数値化。

    ・成功パターンを仕組化する

    なぜ上手くいったのか、一般化して他の分野にも応用できるパターンを作る。

    ・0.1%の改善の積み重ねが成功を生む

    日報は書いて実践しているが、数値化という面で客観的に判断できるように改善が必要。
    昨日より成長できているかはっきりわかるようにしなくては。


    目標を立て、達成する方法を考え、実行し達成する。
    この積み重ねが基本であり、かつベストな方法だと思う。


    実践ポイント
    ・やらないことリストの可視化
    ・数値化、具体化の実践
    ・物事のタイム計測

  • 「仕事に夢中になるのは、それほど難しいことではない。仕事をひとつのゲームとみなせばいい。」

    「一度でもニューヨークの街角を歩いて、ニューヨークの空気を吸って、その上でニューヨークで今起きているニュースを聞くのと、まったくその経験もなくニューヨークのニュースを聞くのとでは、理解の深さが違う。」

  • ★すべてのことは自分に関係がある

     みなさんは夢を持っていますか?「夢は見るもの」だと思っていませんか?
     著者の三木谷浩史氏は、97年5月にインターネットショッピングモール「楽天市場」を開設後、ジャスダック上場や事業拡大を経て、現在楽天株式会社取締役会長兼社長の方です。また、Jリーグのヴィッセル神戸やプロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスのオーナーとしても有名です。これは、その三木谷氏が自身の成功哲学の基本方針を92の項目に分けて説明し、「夢は見るもの」のではなく、「夢は実現してこそ意味がある」ということを伝えるために書いた本です。この本は1ヶ条につき2~3ページにまとめられているので読みやすく、読み終わった時に必ず1つはあなたに響くものがあるはずです。では、私に響いたものをいくつか抜粋して紹介します。

    『チームとは? 自分の守備範囲を超えてカバーし合う集中力の高い組織。』
    『この世の中には自分に関係のないものなどない。あらゆる物事が、自分にとって価値のある情報なのだ。』
    『リーダーは教育者でなければならない。(中略)後輩を指導することが、自分のレベルアップにつながる。』

     これは会社内だけでなく、団体やゼミ、バイト先などでも使えるものです。
     実際に私も所属している委員会で1年生が入部し、引退が近づく中、企画のリーダーとしてどうしていくのが自分や後輩、委員会全体のためになるのか悩んでいたので、この言葉はすごく胸に響きました。もちろん、「今まで自分が担当の企画以外についてカバー出来ていたか?自分とは関係ないと言って流していたことの中に大切なことはなかったか?後輩にきっちり指導出来ていたか?」と聞かれると、恥ずかしながら出来ていなかったと思う点がいくつもあります。なのでこれを機会にと、改めて委員会全体を客観的に見てみました。すると、後輩たちの何気ない普段の会話が企画のヒントになったり、自分の経験を他の企画に活かせることに気が付きました。そしてこれからは、後輩たちに経験した全てを伝えていかなければならないと強く感じました。リーダーとしての立場や後輩への接し方が分かった今、関わりの薄い1年生との距離も近づいた気がします。

     大学生活は4年間しかありません。もしもその4年間で多くの成功をつかみ取りたいのであれば、この本を手に取ってみてください。夢だと考えていた成功は意外とみなさんのすぐ近くにありますよ。

  • 【総評】
    楽天グループを牽引する、三木谷さんの作品。彼の成功哲学の各論的、技術論的なものとして、これを著したという。
    すごくやわらくて包み込むようだけど、しっかりとがっている所はとがっている彼の考えに共感するところが多かった。

    下に挙げる気になったフレーズも、似たような概念は多く聞いたことはあると思うが、
    自分と比べ彼はそこから半歩くらい先のところまで概念を拡張して認識しているような気がする。
    その半歩分の概念を知ることができて、非常に有益だった。

    彼は周りを鼓舞しながら、周りと一緒に成長していくタイプのリーダーなのだろうと思う。
    20代の今、おそらくこの手の本に共感できるのは普通なんだと思う。
    40代になっても、この様な言葉に共感し、なおそれを口に出せる、輝いた人間でありたいと思う。




    【気になったフレーズ】
    ・常識を疑い、常識に反することを恐れず、自分の信じる道を進もう

    ・月に行こうという目標があったから、アポロは月に行けた。飛行機を改良した結果、月に行けた訳ではない。

    ・日本では、社会人になった途端、勉強をしなくなる。

    ・成功にあぐらをかいて自信満々でいることの方が、よほど不安だ。

    ・どんな時代も、人の心の琴線に触れることなくして、ビジネスの成功はあり得ないのだ。

    ・考えて行動するのではなく、考えるために行動する。

    ・人生は生から考えるか、死から逆引きで考えるかによって、大きく変わる。

    ・スローガンを具体的な行動目標に落とし込まない限り、それはただの掛け声だけに終わってしまう。

    ・人間は、自分を正当化したがる動物。言い訳は、失敗の傷口を広げる役にしか立たないのだ。

    ・直感は、数値化してこそ、その真価を発揮する。

    ・玄人素人を分けるのは、その職業のフレームワークが頭に入っているかどうか。

    ・リスクを取ることがチャンスに繋がるのは、リスクのある場所には、競争者が少ないという大きなメリットがあるからだ。

    ・仕事の中身の大半は、executionであり、operationなのだ。

    ・自分と価値観の違う人間の意見こそ、大切にしよう。そして、それを態度で示そう。

    ・協調するだけでは、緊張感が失われる。競争だけでは、チームワークが乱される。英語には、competitorとcooperatorを混ぜたコンプレーターという言葉があるらしい。

    ・いいビジネスマンの特徴・・・「基本は、フットワークを軽く」

    ・仕事の本質は、自分で問題を発見すること

    ・リーダーとは指揮官であり、教育者であり、戦略家である。能力を伝える仕組みを構築する必要がある。

    ・成長の努力を続けた人間と、それをしなかった人間の差は、残酷なくらいはっきりしている。自己の成長を知ることに優る、人生の喜びはない。

    ・不可能に向かって突っ走ったときに、人は本当の力を発揮する。

    ・成長が減速するのは、成長が次の段階を迎えたことを意味している。

    ・経営すると言うことは、基本的に「お金にごちゃごちゃいう」こと。

    ・自分たちの行動規範を、定期的に確認する象徴的な儀式を設ける

    ・組織にストレスをかけるのは、リーダーの役割だ。

    ・スピードには、Velocity(速度)とAgility(俊敏さ)がある。

    ・目標というものは、現在の自分には達成できない高さに置くべきだ。

    ・世界は主観で成り立っている。そのそれぞれの主観に、それぞれの正当性がある。

    ・最近のビジネスを見ていると、森ばかりみて、気を見ない人が意外に多い。

    ・水平競合と、垂直競合を考える。

    ・0.5%の努力の差が、クオリティを左右する。三木谷曲線。

    ・時間軸の感覚をもつ。基本的には先行者に利益があるが、果実が熟す前に収穫することはできない。

    ・ライバルと同じことをしても勝てない。独自色を出そうなどと言って、オリジナリティのことばかり考える。だから勝てないのだ。
    相手との差を埋めて、はじめて自分たちのオリジナリティを生かせるのだ。

    ・戦略の重要性があまりにも強調されすぎている。興味があるのは、戦略よりも、それをいかにして実行したかだ。

    ・虎は皮を残し、人は名を残すというけれど、僕はそんなことに興味は無い。僕は仕組みを残したい。継続的に価値を発揮する仕組みだ。

    ・テクノロジーがどんなに進歩しても、人間そのものは変わらない。インターネットが人と人とをつなぐコミュニケーションツールであるという基本は、絶対に動かない。

    ・欧米のメディアは、日本と異なり、エディトリアルが中心だ。

    ・インターネット時代になればなるほど、自分が直接体験することの価値は大きくなる。

    ・欧米の人たちは外国で起きていることを、日本人が国内の他の地方で起きていることに感じるのと同じくらいの切実さをもって感じている。

    ・日本人はいまだに、世界 ”進出” という言葉を使う。

    ・「雲は何故空に浮かんでいるのか。普通の大人はそのことを不思議に思わない。けれど自分は精神の発達が遅かったから、かなり成長してからそのことを不思議に思った。だから自分は科学者になった。」←アインシュタインの引用。雲が空に浮かぶ理由があるように、世界一には世界一の理由が必ずある。雲が何故空に浮かんでいるか。その不思議さを、いつも忘れてはいけない。

    ・そう遠くない将来、お金は完全にネット上に乗せられてしまうだろう。貨幣や紙幣が発行されなくなるのは遠い未来かもしれないけど、実質的にほとんどとれと同じ状況になるのは時間の問題だ。

    ・グローバル化することで、ローカルを強化する。日本の金融機関が弱く、世界の金融機関が強いのは、世界を見ているかどうかの違いだ。

    ・文明は変わっても、人間の中身は何も変わっていない。歴史は人間の数限りない試行錯誤の保管所のようなもの。結局のところ、最終的に成功するのは謙虚に学べる人なのだ。

    ・「なぜ、海外進出しようと考えたのですか?」それが、日本人の考え方だ。
    「どうして、今まで海外にでなかったんですか?」それが、世界の考え方なのだ。

    ・First Mover Advantageという言葉がある。後発は不利だ。簡単には勝てない。みんなそういう。

    簡単に勝とうとするから、勝てないだけのことだ。大きな戦略を描いて、時間をかければ大概のものは逆転できるのだ。

    First Mover になれなかったら、Best Mover を目指せばいい。

  • BBT 池田穣
    −★【ビジネス書評】 成功者になろう!★−

    ネットオフアマゾン店
    -- 本日の一冊 --

    -- 成功の法則92ヶ条 三木谷浩史 --



    言わずと知れた楽天会長兼社長、三木谷浩史さんが仕事論、人生論、成功論を詳細に語った一冊です。



    10年前は社員数が10人にも満たなかった楽天ですが、現在は社員数5000人を超え、楽天グループとしても日本を代表するような企業へと成長してきました。

    その成長の背景にある一経営者として、そして人間としての原理原則が詳細に記されており、ビジネスマンとして成長・成功したいと日々努力している方には現状突破のヒントとなる考え方が満載です。

    具体的に語られているビジネスに対する姿勢や目標達成方法、自分をワンランク上に引き上げる考え方などはかなり共感することができました。



    その他、人材論や組織論、そして常に勝ち続けるための経営論もしっかりとカバーされており、経営者としてどう考えていくべきかという点も大変参考になります。

    三木谷さんの見識の広さや頭脳明晰さ、そしてなによりも行間から読み取れるビジネスに対する情熱に圧倒されるとともに非常に勇気づけられます。

    自分の原理原則や志をしっかりと持ち、ブレずに行動していくことの大切さ、そして、絶対に目標を達成するために今このときにできることを精一杯やるという地に足のついた行動規範、全体を俯瞰し物事を考える重要性は是非とも習慣にしたい考え方だと思います。



    ワンランク上を目指すビジネスパーソン必見の一冊です。




    --------------------------------------------------------------------------------
    ★本日の共感★


    ・夢を具体的な目標に組み立て直し、その目標を達成するには具体的に何をしなければならないかを考え抜き、そしてその考え抜いたことを実際にひとつずつ成し遂げていく。自分の持っているすべての能力、才能も体力も忍耐力も何もかも、すべてをかけてそのことに取り組む

    ・本気になって勉強すれば、自分を変えることができる。自分が変われば、仕事はもっと楽しくなる。楽しくなるから、さらに勉強する。その循環を自分の中につくり上げることができた人は、社会人になってからも大きく成長していく。そして、どんな分野であろうとも、必ず大きな仕事を成し遂げる

    ・世界は広い。どこまで進んでも、自分より優れた人が必ずいる。努力することに疲れたら、いつも自分より努力している人がいることを思い出すことだ。そして、より大きな努力の向こう側には、より大きな喜びが待っている

    ・やると決めたらすぐやる。後回しにはしない。後回しにすることは、やらないのと同じことだと割り切ろう。つまり、やるかやらないかの判断をその場で下してしまうのだ。そうすれば、仕事が溜まるこということがない。その結果として、いつも自分の直面している問題に、全力で取り組むことができる

    ・成長の努力を続けた人間と、それをしなかった人間の差は、残酷なくらいはっきりしている。成長できる環境があれば、仕事の業績を上げるためにも、自分の能力を高めることがいかに有効かに気づくはずだ。それに気づけない人間は、淘汰される



    ・「あいつに任せておけば間違いない。あいつがやって駄目ならもう仕方がない」会社員なら、周囲の仲間からそういわれるような存在になることを目指すべきだ

    ・神はその人に背負えるだけの荷物しか背負わせない、という言葉がある。どんな壁に直面しようと、自分の目の前に出現したからには、その壁は乗り越えられるのだ。何よりも重要なのは、どんな困難な目標であろうと、自分は絶対にそれを達成できると信じて、ありとあらゆる努力を重ねることだ。不可能に思えることを、知恵と工夫で可能にする。それほど、面白いことはないし、だからこそ僕はビジネスに夢中になる

    ・完璧に仕事をやり遂げた、これでこの仕事は完成したと思っても、そこで終わりにしてはいけない。そこから、さらに上乗せする。たくさんは積み上げられないはずだ。なにしろ、やれることはすべてやってあるのだから。それでも満足せずに、何かを積み上げる。0.5%でいいから積み上げる。僅かな差であっても、限界の上に積んだ0.5%は、決定的に大きな差になる。なぜなら、その僅かの差を敏感に感じ取ってしまうのが、人間の感性というものの性質だからだ

    ・Never too late 人生に遅すぎるということはない。今この瞬間から始めれば、この世に不可能ということはない




    --------------------------------------------------------------------------------
    ◆◆◆◆今日の質問◆◆◆◆

    あなたは、成功するために日々どのような行動をしていますか?



    --------------------------------------------------------------------------------
    ★★★★こんな方におすすめ★★★★

    ○成長したいビジネスパーソン
    ○情熱をもって働きたい方
    ○仕事でどうすれば成功できるのか悩んでいる方

    とっつきやすさ
    ☆☆☆☆☆
    必読度
    ☆☆☆☆☆
    総合評価
    ☆☆☆☆☆

  • この本を読んで、三木谷さんへの印象が180度変わった。もともとは、ビジネス・モデルありきのストラテジストだと思っていたが、実際には、実施、実行を重んじるタイプの経営者らしい。

  • 再読してみる。

    この通りできれば、相当強い組織にできる。


    競争優位の必要条件というか、大前提でしかないが、これなくして、だ。

  • 楽天の代表取締役三木谷浩史氏の自身の考えるの成功の
    メソッドを書いた一冊。

    氏の著書は以前に何冊か読んだことがあるのですが、本書では氏の考えに特化して書かれており、以前読んだ著書と同じように刺激を受けると共に、改めて栄枯盛衰の激しいネットの世界で第一線として確固たる地位を築いてきた理由を感じた一冊でもありました。

    本書では仕組み化、スピード、努力、グローバルに物事を捉えるの4つについて氏からのメッセージとして強く感じました。
    仕事の仕方や考えをとってもどのようにしていくかということで結果は大きく変わること、そしてそれは一朝一夕では成し得ないことで、継続的に努力することが大切であるということを感じました。

    金言が満載でひとつの項目が4ページで書かれており、気になったところから読むことができ、スピード感をもって読めたことはとてもよく感じました。
    本書で学んだことを実践して、氏のような一歩抜きん出た存在になれればと感じた一冊だと感じました。

  • 社会で起きていることや、自分の現在の立ち位置など、すべてのものを客観的かつ冷静に理解し、集団的な意思決定とは別に、いつでも自分の判断を持っている人間であることが大切だと気付かされた。個人的には人生の岐路に立っている時期に、自分の精神的な姿勢を正すことができた。
    手が届きそうな目標を安全に立てて人生を歩むことよりも、夢を宣言し実現していくことにより自分を成長させていくこと。また、リーダーとは役職ではなく自分の在り方であること。そして、人生一つ一つ決断をし続けて、成長し続けて成功が先にあるということなど、多くを学びとることができた。

全103件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

三木谷浩史(みきたに・ひろし)
1965年神戸市生まれ。88年一橋大学卒業後、日本興業銀行に入行。93年ハーバード大学にてMBA取得。興銀を退職後、96年クリムゾングループを設立。97年2月エム・ディー・エム(現・楽天)設立、代表取締役就任。同年5月インターネット・ショッピングモール「楽天市場」を開設。2000年には日本証券業協会へ株式を店頭登録(ジャスダック上場)。04年にJリーグ・ヴィッセル神戸のオーナーに就任。同年、50年ぶりの新規球団(東北楽天ゴールデンイーグルス)誕生となるプロ野球界に参入。11年より東京フィルハーモニー交響楽団理事長も務める。現在、楽天株式会社代表取締役会長兼社長。

「2014年 『楽天流』 で使われていた紹介文から引用しています。」

成功の法則92ヶ条のその他の作品

三木谷浩史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
三木谷 浩史
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

成功の法則92ヶ条を本棚に登録しているひと

ツイートする