パリごはん

著者 :
  • 幻冬舎
3.28
  • (6)
  • (8)
  • (18)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 101
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344017054

作品紹介・あらすじ

ごはんが美味しければ、毎日が愉しい!パリに渡って9年。大忙しのパティシエの夫、かけがえのない二人の子ども、愛情溢れる友人たち…心通わす人たちと囲む幸せな食卓は、人生を豊かにしてくれる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 130217*読了
    食のエッセイは、おなかがすく。あれもこれも、食べてみたーい!と、食欲をわしづかみされます。
    フランス、また行きたいなぁ…。

  • 羨ましいパリでの楽しそうな生活。
    ただ文章は読みづらかった…

  • ・・・。これはブログですか?
    きれいな装丁の縦書き文章の本で、文体が混ざっているものは正直読みたくない感じです。横書きならまだいいかも。

  • おいしそうなものが満載。パリに行きたい。

  • 雨宮塔子さんのエッセーを読むのは、3冊目です。

    今回はとにかく「美味しそう!!」ばっかりです。

    私はお酒も飲めないし、最近めっきり小食になってしまって、
    雨宮さんのようなグルマンな女性はかっこいいなぁと憧れます。

    もうすっかりパリの街に根をおろしてらっしゃるんだなぁと感じました。友人たちとの交流がとってもいきいきとして楽しそうです。

    パリ行きたいな~、と思うと同時に、毎日の食生活を私も楽しまなきゃ、と思いました。そしてさっそく今日の夕食はちょっとだけ手の込んだものを作り、家族に喜ばれてうれしかったです。

  • 読んでいるだけで、キッチンに立ちたくなる。
    食文化を楽しむって大事だな。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1970年東京都生まれ。フリーキャスター、エッセイスト。成城大学卒業後、TBSに入社。99年退社後、単身パリに遊学。フランス語、西洋美術史を学ぶ。2002年に結婚、現在一男一女の母。著書に『金曜日のパリ』『それからのパリ』『小さなパリジェンヌ』『雨上がりのパリ』『パリごはん』『パリ アート散歩』『パリのmatureな女たち』などがある。

「2014年 『パリ、この愛しい人たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

雨宮塔子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×