道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅

  • 幻冬舎
3.71
  • (8)
  • (18)
  • (12)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344017108

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自転車の旅が憧れ 著書は世界一周もしてます 気軽に!! この本は日本を旅したお話 おまけに文章が楽しい

  • 読後感が凄く良い。大学時代の一人旅を思い出しました。

  • 日本編も面白かった。行ってみたいとこ、食べてみたいものがたくさん。積丹のスイーツみたいなウニ丼、、、、!

  • 旅の舞台が日本ということでよりいっそう旅の仕方が良い感じに本に表れていたと思う。
    カッコつけようと思ってカッコ悪くなっちゃって面白いのが自分にもあるから好きな旅人の一人だなー

  • 2011/5/26

  • 偏見かもしれませんが、和歌山人らしさと、旅慣れた人の物言いの悪いとこが出てしまっている気がして、とても残念な気がしました。
    グチ→気づかされて反省もしくはグチ言いっぱなし。
    それも旅の一部だと思うけど、ほとんど全編がその流れってのはいかがなものか。海外との比較が多いのもマイナスに見えてしまいました。。


    【図書館】

  • 日本各地、自転車の旅。
    それぞれの土地で出会った人たちとの物語がおさめられており、人の温かさを感じ取ることができます。
    また読んでいる私が実際に旅をしているような感覚にもなれます。
    行ったこともない場所なのにまるでその風景や食べものを味わったかのような感動。
    やっぱり日本っていいですね。

    本屋さんで棚を見ていると本のほうから「買って!」と呼びかけてくることはありませんか?
    この本はそうやって偶然見つけたものです。
    普段は入らない本屋さんに吸い込まれるように入っていき、買う気はないのに棚を見ていたら本が呼んでいました。
    本との相性というのでしょうか。
    もしかすると今年読んだ中で一番面白かった本かもしれません。

  • 千葉、福島、宮城、山形、香川、宮崎、鹿児島、三重、沖縄、富山、岐阜、そして、北海道と
    日本を巡った紀行!
    各地の郷土料理の食べ歩きが面白い。

    石田ゆうすけさんの本は2冊目。
    やっぱり、人と人との繋がりを感じるシーンが魅力的。
    そして、旅に出たくなる~♪

    人の温かさに触れる。
    どうしてテレビでは、毎日のように寂しく悲しい、暗いニュースが流れているのかなと思う。
    こんなに温かい人たちが沢山いるのに。
    何故犯罪は起きてしまうのだろう?

    どうして人と人との間に憎しみは生まれてしまうのか?
    心が満たされていないから?

    日本はどれだけ恵まれた環境にいるのか?
    島国日本。海に囲われた国。
    海外旅行、国際交流している人でもない限り
    身近に判断材料はないし。(あるといえばある??)
    比較することってあまりしない(できない)のでは?

    2006年の世界幸福度ランキング。
    日本は178カ国中90位だそう。
    幸福度。国内でも地域によってだいぶ差が出るのではないかなーと思いますがww
    毎日、暗いニュースばかり見せられていたら、そうなるのかもなぁとも思います。
    マスメディア。知らず知らずにマインドコントロール!怖いです。


    「均一化の進む日本」という言葉が気になった。
    どこへ行っても同じ景色。
    コンビニ。道路。あまり利便性にばかりこだわり過ぎるのもよくないよな、と思う。
    自分は有りがたく利用させて頂いてますが…矛盾w


    当たり前のことに感謝できる気持ちは大切だなと思う。
    昔はそうではなかったけど、今は幸せを感じられる。本当にありがたいことです。

    かなり脱線してますが…今回も楽しく読了!

  • この方の本。すごくすき。
    うまいものと、旅先でのふれあいを大事にする姿勢。
    いいね!
    決して、車では味わうことの出来ない
    その土地のディープな部分を感じさせてくれます。
    特に、沖縄の場面がすき。

  • 確かに石田節発揮で面白いのだが、やっぱり「世界一周」のスケールに比べると見劣り(読み劣り)するのは仕方ないか。


    ただ、本書の実質的なテーマは「食べ物」でもあるため、地方の食べ物に興味のある私としては、その点で共感しながら読むことができた。とにかく食べてばかりいる。ラーメンもうどんも梯子して。


    私自身もいつかは自転車で日本を縦断したいと思っているだけに、楽しい気分でイメージングができてよかった。

全18件中 1 - 10件を表示

道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅のその他の作品

石田ゆうすけの作品

ツイートする