フリーター、家を買う。

著者 :
  • 幻冬舎
4.00
  • (963)
  • (1526)
  • (772)
  • (77)
  • (13)
本棚登録 : 7716
レビュー : 1284
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344017221

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 就職三カ月で退職してフリーターをしていたが、鬱病の母のために家を買おうと決心する長男。

  • 主人公の誠治がお母さん想いのいいヤツだった

    「言い訳はしない」とか「前の会社を悪く言わない」や履歴書の扱いや志望動機などこれから就活の息子に読ませたい

  • もう11年前の作品なんですね。ドラマになったのかな?それは見てません。実写化は嫌いなので。
    王道の有川浩パターンだと思いますが、真奈美の出番は遅かったですね。普段だとかなり早い段階で出てくると思いますが…
    淡白に終わったな、と思ったら案の定【after hours】にてガッツリやってますね。やはり有川浩という感じです。

  • 一気読みでした。

  • 新卒で入社した会社を3ヶ月で辞め、だらだらフリーターを続ける誠治。
    母親の精神病を機に一気に心を入れ替えて、
    真面目に就職し、母親を助けようとがんばるというお話。

    出てくる登場人物たちが、
    みんなキャラが立ってて面白かった。
    お父さんの頑固キャラ。
    頼りがいのあるカッコイイお姉ちゃん。
    あのお姉ちゃんはいいなぁ。すごく好き♪

    最初のほうは、
    誠治のダメダメっぷりも、家族のごちゃごちゃも、
    けっこうリアルな感じでしたが、
    誠治がアルバイト→就職してからの展開がはやい!

    急に賢くなって、急にお母さん思いになって、
    ちょっと極端でびっくりしましたが・・・^^;
    それはそれで気持ちよく読めました。
    面白かったけど、展開が完全に予想通りなので★3つ(笑)
    ついヒネリを期待してしまうのは、
    やっぱりミステリー好きだからかなぁ。。

  • 良いヒューマンドラマだった。環境が人を育てると言うが、自分も身に覚えがある。時折微笑ましく感じる事もあり、自分も家族との関係も成長していく過程がよく見えた。

  • フリーターの響からお気楽な内容を想像しましたが、母が鬱になり家族がバラバラになりそうな不安定な家族模様や就職先が決まらずアルバイトを続けながら就活するシビアな現実に揉まれる主人公。然し、自暴自棄にならず家族に向かい合いアルバイトを続ける主人公に好感がもてますし、後半はちょっぴり恋の予感もあって読んで元気になれるお話でした。

  • 「最近疲れたから面白い本読みたいんだー教えてー」って言われたら、性別問わず安心して勧められます。
    本日ひょんなことから、三冊連続で有川浩を読みましたが、(植物図鑑→レインツリーの国→フリーター、家を買う)三冊続けて寝っ転がってよんでも全然疲れなかったし、三冊ともノンストレスで適度に面白くて読んだら疲れが取れまくる。
    感想もさん冊大体言えることが近い。「すっと入って」「スイスイ読めて」「予想通りに事件が起こって予想通りに収束するけど、それゆえ心地よく」「起こってほしいことが起こるし、実は事件がつくづく漫画的だけど、細部が上手なので『ないわ!』と突っ込んだりしないで読めて楽しくて」「登場人物も漫画的だけど、細部が丁寧だけど、説得力がある」つまり、『安心して読めるほのぼのエンタメ』。
    特に、有川浩さんのなかでも起承転結しっかりして盛り上がりもあるので人に勧めやすい。
    いやー映画見るより断然コスパ高くて癒されるな~

  • この人は、相変わらず上手いなあと思う。母親がうつ病になり、その理由を知ろうともしなかった主人公の、地味だけれど頑張っていく成長本。ウツの人に対する、家族の対処法を知るには、いい取っ掛かりになるでしょう。ドラマでは、香里奈がかなり出張っていたようですが(見てなかった)、原作ではかなり後から出てきます。最後にラブを絡めてくるところが、この作家の真骨頂ですね。

  • インパクトはあるしドラマ化もされてた有名なタイトルだけど全く興味が持てず手が伸びなかった。 いや、やられた。 チャラそうな内容だろうなと思って読み始めたけど全く想像もしてない展開で、油断してたから序盤は衝撃的だった。 これは本当におもしろかった。 良い作品。 いずれ読み返すと思う。

全1284件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

フリーター、家を買う。のその他の作品

有川浩の作品

ツイートする