フリーター、家を買う。

著者 :
  • 幻冬舎
4.00
  • (963)
  • (1526)
  • (772)
  • (77)
  • (13)
本棚登録 : 7716
レビュー : 1284
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344017221

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初は暗かったけど、就職したことで、家も手に入れて、彼女になりそうな人も出来て、よかった。
    話題になったドラマはまだ観ていない。
    バラバラになりそうな家族だったけど、誠一は不器用なだけだ。町内会の陰湿さがにじみ出ていた。
    なんでも受け止めてくれる工事現場のおっさんがいたからこそ、誠治はベストな仕事に就けたのだと思う。
    壊れそうな家族について考えさせられた。

  • 文庫化していたので早速購入。
    ドラマは知っていたけど見たことがなかったので、すごく新鮮な気持ちで読み始めました。

    有川さんの作品は温かい人間性にあふれているのでとっても気持ちがほっこりします。
    その後の話、出てきてほしいなぁ。

  • テレビドラマで評判が良かったので原作を読んでみました。
    フリーターの成長の物語。読み終わったあとに爽やかな気分になる本。最後にはいい感じのラブストーリーも入っていて、それもまた良かったです。
    主人公が等身大で、成長していく姿がとても自然で良い作品でした。

  • タイトルから軽く明るい内容を期待したが、前半は暗く重かった。近所苛めを原因として母親の鬱病と家庭問題が浮かび上がり、甘ちゃんダメ人間の主人公が変ってゆく。後半、自覚した主人公の就職とともに好転するんだけど、明るくなった代わりに内容は弱くなる。登場人物はそれぞれ魅力的なのになぁ、連載で長さに制限とかのせいだろうけど、終盤に物足りなさあり。

  • 精緻に計算されたストーリー展開に徹夜で一気読み。ストーリーにもぐいぐい引き込まれました。ダメなことのすべてを人のせいにして、自分を守ろうとするのは誰しもあること。就職してからの誠治が過去の自分を振り返る場面では、自分自身にも戒めとして心に刻みました。「いつまでもあると思うな親と金、無いと思うな運とツキ」、昔、母親が口癖のように言っていた言葉を久しぶりに思い出しています。

  • さっぱりとした読後感

    就職してからは別人でした
    どこの変身ヒーローかと

  • 就活が上手くいかない息子。近所の嫌がらせにあい鬱になった母親。その母親の為にフリーターの給料で家を買おうと汗水ながして働く。陰ながら応援する父親の姿にも感動する。

  • 自分ががんばれば、一応何とかなる、他人に任せるだけではいけないと感じた。
    ても母さんの鬱にはびっくりした。
    ちょっと怖くなったよー

  • ガツンときた。
    ちがう、ズーンときた。

    なんかジャニーズ二宮くんと香里奈が出演するドラマになって、
    軽いノリのお話?って先入観を持っていた。
    でも、ドラマにもなった話題作だし、有川浩さんの話が好きに
    なったから読んどくか!という流れで読んだ。

    中身、軽くない。というか重い。

     ガンガンと心に響いた。
     涙が流れた。
     そんな箇所がいっぱいあった。

    あっ、でもノリノリで話が進むシーンもいっぱい。
    甘噛みは少々...かなw

    タイトルと中身に「ギャップ萌え」したオススメ本です。

  • 2011.7.8読了。
    フリーターだった男が、母親が近所より精神的に追い詰められ、精神病になったことにより発奮して、就職し、父と一緒にその家を出て行く話し。

全1284件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

フリーター、家を買う。のその他の作品

有川浩の作品

ツイートする