フリーター、家を買う。

著者 :
  • 幻冬舎
4.00
  • (963)
  • (1526)
  • (772)
  • (77)
  • (13)
本棚登録 : 7716
レビュー : 1284
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344017221

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  もしこの作品が有川さんの作品のなかではじめて読んだ作品だったとしたら
    次の作品を読むまでに時間がかかったかもしれない。
     多くの読者からいわれたという「暗い」というのは同じように思った。
     どこか現実味がなく、後半もりあがりはじめ、最後まで読んだが期待外れだった一冊。

  • 就職前はだめだったのに就職後は別人すぎじゃないかと違和感を持った↓

  • サラリと面白く読める。後半のサクセスストーリーぶりは、読んでて清々しい程だけれど、できすぎだよなあ…それにしても、有川浩さんの悪意の書き方は相変わらず凄まじい。この小学生での悪は、近所の奥様方、主人公の父親だった。どの小説でもそうなのだけど、絶対的な悪役をつくって、とことん批判するという流れが気持ち悪い。嫌いだ嫌いだと言いながら、それでも有川浩さんの小説を読んでしまうのは、勢いが成せる技だろう。「フリーター、家を買う。」も、勢い、あります。

  • ドラマ初回をみて原作を一気読み。ご自身がうつなどの疾病を患った事がかるなら読まない方がいい。フラッシュバックを起こしたり、自身の置かれている状況と比べてしまうかもしれないから。描写はリアル、よく調べて書いている印象。症状には波があり、簡単な家事ならルーチンでそれなりにできるときもある。まして家事をすることが自らの存在をなんとか保てている人なら。
    ストーリーはそんなに甘くない、と言いたいところですが、子猫ちゃんが回復と絆の希望光には感じました。

  • 有川さんの小説は好きなんだけど、かなりの違和感を持った。

    前半と後半で主人公が別人になった印象。
    魅かれている風でもない後輩のなだめ方はこれでいいのか?
    しかも フリーター、家を買ってないですよね?

  • 過去作品より恋愛要素が少ない感じです。
    読みながら、前半は出だしから引きつけられるつくりで、いい意味で今までの作品とは違う感じです。
    ただ、後半ちょっと勢いが無くなります。

    一番引っかかったのは有川浩さん得意の恋愛要素が上手くかかれていないこと。
    恋愛関係の人物の描写が足りない感じがします。
    共感できなくてなんだか気持ち悪い。
    展開に気持ちがついていけない部分があり、すごく残念でした。

    ならいっそ話の恋愛部分がはじめから全部なかった方がよかったです。

  • フリーターが家を買う話かと思っていたら、元フリーターがどんどん成功して家を買う話しだった。ご都合主義的であまり重みがなく、最近はこの作者の本を読むたびにがっかりさせられてしまう。昔は好きだったのにと思うと少し残念だが、作風が変わったのか、自分が変わったのか・・・・。おそらく後者だろう。

  • ★2.5

  • ドラマにもなり(ドラマ見てないケド)評価が高かったので読んでみた。
    ちょっと私には全然馴染めなかった一冊だったかなぁ。。。
    就職難、母が鬱病という重い内容であるにも関わらず軽いタッチ。
    とはいえ、もちろんそれが有川さんのいい所!!!
    その技法が素晴らしいくらい。
    何故なのか? SFでもファンタジーでもなくどこにでもある話だろうに最後まで感情移入できなかった。すみません。
    就職活動に敗れ続け、やっとの思いで就職を果たすが、
    その職場で正社になってたった3ヶ月しかたってないのに雇用採用する側になったりするのはアリエナイ。
    そのうえ、社長にダメだししたり、面接者を「こいつはどうしようもないバカ」と(親近感からとはいえ)笑ったり。
    まま。小説だもんね。。。
    現実を知っている大人には不向きかもしれないけれど、
    夢を持って欲しい中高生にこそ読んでほしい一冊かも。

  • この作品ってこんな話だったんだ。。。意外でちょっとびっくり。
    なかなか世界に入り込めなかった。

    町内村八分って、本当にあるんだよ。
    友人が宗教の勧誘されて断り、それがきっかけで村八分に…。
    こうして本のネタになるだけに結構あることなのかな…と思った。

    読んでいると誠一(クソ親父)がうちのオットそのままで、
    へぇーこんな傍若無人な男は、うちのオットくらいなのかと
    思っていたけど、案外ありがちな日本人の男性像なんだな。。。
    と別の意味でホッとした。

    なので亜矢子のキレっぷりが気持ち良くって、読んでいてスッキリした。

    誠治の変貌ぶりにも目を見張った。
    誠一と誠治の親子の絆を修正するあたりも理想的。
    (現実はこんなにきれいにはまとまらないだろう…と思いつつ)

    途中から急に話がそれていったような気がする、もっと家族の内面だけに話を絞ってほしかった。後半の恋愛話はいれないでほしかったな…。恋愛要素なしで家族再生をもっとしっかり力強く書いてほしかったなー。

    ちょっと理想的過ぎて、きれいごとばかり多くて中途半端な感じがして残念でした。思い込みで描いているような気がする。
    楽しみにしていただけに、なおさらそんな気がする。夢も希望もないレビューでごめんね♪

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

フリーター、家を買う。のその他の作品

有川浩の作品

ツイートする