大恐慌時代―爆笑問題の日本原論〈6〉

著者 : 爆笑問題
  • 幻冬舎 (2009年9月発売)
3.37
  • (5)
  • (3)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
  • 60人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344017276

大恐慌時代―爆笑問題の日本原論〈6〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 探偵ナイトスクープのひきこもりの回に

    本棚に置いてあったので気になり拝読しました。  


    笑えるネタが満載です。

    当時のことが思い出せますよ。

    時間があるときに。

  • 2006年から2009年を振り返ることが出来て、懐かしさもあり、非常に勉強になった。
    太田氏はさすが勉強していて、頭が良いと思った。
    突っ込む田中氏もだけど。
    笑いを入れつつも本質を突いてくる太田氏は、さすがだ。

    あとがきに、
    「口では大変だ大変だ、と大騒ぎしながら、頭のどこかでは、そのうち何とかなるだろう、と、そんな気分でいるのではないか。
    いつだって、マスコミや政治家や漫才師というのは、言うことが大げさで、大ボラ吹きなわけだから。

    …しかし。

    と思う。もし、大ボラのほうが本当で、それを実感できてない我々の方が、マヒしているだけだとしたら?

     この本の中で漫才にした事柄は、全て実際に起きた出来事である。私はそれらの出来事を”笑い事”にした。本当は”笑い事じゃない”ことばかりだ。”笑い事じゃない”ことを”笑い事”にできるのは、それらの出来事に対して自分が切羽詰まった状態じゃないからだろう。
     ふと、思う。
     私は、これらの出来事に対して、切羽詰まって無くて良いのか?と。
     恐ろしいのは、マヒによる、実感のなさだ。」
     
     そして、最後に自民党の衆議院選挙歴史的惨敗で…

     「やはり私は、笑ってしまった。」

    →さすが、太田氏。
     実感できてないのは非常に問題だし。
     僕が常日頃思っている、”意識” ”考えること”は本当に重要だ。 
     確かに、切羽詰まっていない。
     ”あとがき”に、考えさせられた。

  • ネタが記憶に新しいものだからということもあるが個人的に日本原論シリーズで一番笑った。
    最初の短編小説っぽい文章も好き。

  • この爆笑問題の原論?シリーズを読むと、当時はあまり興味がなかったことや、名前は聞いたことがあるけどどんな話題か分からなかったことについて笑えるように書いてくれているので、自分にとってはとても楽しみながら知識を増やしていくことができるとても良い本だと思う。また、こんなことあったなーとか、この事件の時自分はこんなことしてたなーとかとても懐かしい気分にもさせてくれるので、話題毎に楽しみながら読める本でした。

  • 若干勉強になる、かな?

  • 爆笑太田さん好きで、日本原論は全部持ってるんだけど。今回の巻は、私が日本にいなかった年のも含んでるので、「ああ、こんなことがあったんだねえ」と思った。量多くて読むの疲れた。

全7件中 1 - 7件を表示

大恐慌時代―爆笑問題の日本原論〈6〉のその他の作品

爆笑問題の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
爆笑問題
爆笑問題
湊 かなえ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

大恐慌時代―爆笑問題の日本原論〈6〉はこんな本です

ツイートする